2017年7月10日(月)

実はMCの方がハード?スターダストレビュー根本要

丹野みどりの よりどりっ! / エンタメ

今年の5月でデビュー37年目を迎えた、スターダストレビューの根本要さんが、7/7のCBCラジオ『丹野みどりの よりどりっ!』に出演しました。
番組では初登場ですが、実はパーソナリティの丹野みどりは「18年前に一緒に飲みに行ったことがある」と告白しました。

丹野はCBCに入社して3年目の1999年、LPB(Love Power Beauty)という女性アナウンサーユニットを結成しており、なんとレインボーホール(現:日本ガイシホール)で、スタレビ、KANさん、森高千里さんの前座で歌うという経験をしました。
そして、イベントの打ち上げで酒宴をともにしたというわけです。

豪華絢爛 ライブDVD+CD

昨年2月から1年3か月に渡り、デビュー35周年のライブツアーを行ってきたスタレビ。
80公演行い、延べ12万人を動員、今年4月の名古屋センチュリーホール公演で無事終了しました。

7月19日に、このツアーの模様を収めたDVD(Blu-Ray)と5枚組CDライブアルバムとして同時発売されます。
DVDの内容は、3/26に行われた大阪オリックス劇場公演のものですが、通常のライブ音声以外に、メンバー自らがライブを解説するというプロ野球中継のような副音声も収録されるため、より楽しめます。

一方CDライブアルバムは5枚組と、ライブ盤としてはかなり多い枚数ですが、これは通常のセットリストに加え、各会場で日替わり曲も披露しているため、その曲も集めると62曲になってしまったためなのです。
実際にライブに行った方も、他の公演の分が楽しめるようになっています。

4月にいったんツアーが終了した後、5月にもさいたまスーパーアリーナで6時間ライブ(実際には7時間半)を行うというパワフルぶり。
長時間なのでお客さんは10分休憩が取れるのですが、その間にもメンバー紹介などで本人たちは休んでないという、サービス精神あふれるステージですね。

ゲストも小田和正さん、鈴木雅之さん、スキマスイッチ、森高千里さん、松たか子さんなど錚々たる顔ぶれで、ライブ後半は「夜のヒットスタレビ」と題し、某歌番組のように他の人の曲を90分に渡り披露する豪華企画もあったそうです。

36年を過ぎてもスタンスは変わらず

「35年を振り返ってどうでしたか?」との質問に対する根本さんの答え。

「どうってことはない。重ねると35年経った。デビューした時よりも、(歌手としての)ノウハウは持てるようになったが、ライブの楽しみは変わらない。お客さんが増えたのが良かったこと」

さらに「中学の時とやってることが変わらない。好きなことをやっているだけ」と語る根本さん。
音楽を伝えたいのが第一で、お金のためと思うと辛く感じてしまうのだそうです。

また、36年以上多くのライブを経験していると、どうしても声の調子が良くない時もあると思いますが、声が出なかった時は、出なかったなりの曲が見つかるのだそうです。

意外にも歌よりMC(曲と曲との間のトーク)の方が大変で、のどの調子が一番影響を受けるのだそうです。

歌は負担をかけずに歌うことができるそうで、MCでは調子が悪い声なのにいつも通り歌えるといったことがあった時には、ファンからテープをかけて口パクだと思われたこともあったほどです。

ただ、昔と比べて変わったのは記憶力が低下してきたそうで、ライブが終わって着替えた後に、またステージ衣装を着てしまったりすることもあるのだとか。

でも、ステージに上がると途端に元気になるということで、やはりライブが大好きだということがとてもよく伝わります。

9月も名古屋で2種類の公演

ライブ漬けで「止まると死ぬ」と言われるマグロに例えた根本さんですが、9月には名古屋で2種類のライブが行われます。

まずは16日に愛・地球博記念公園モリコロパークで開催される「楽園音楽祭2017 根本要・柿沼清史還暦スペシャル」は、愛知県の野外では、単独ライブとして22年ぶりになります。
3時間ちょっと(いや、もっと延びるかも!?)ありそうですので、暑さ対策に注意ですね。

続いて27日にはZEPP NAGOYAで根本さんが「根本要還暦記念『本日のおすすめ』presents『チャイチーライブ -U165-』」を開催します。

「チャイチー」は業界用語で「ちっちゃい」という意味で、「U165」というのはもちろん165歳以下という意味ではなく、18:30までに165cm以下の人から優先的に入場できるルールになっています。
小さい人は、満員電車やコンサート会場で普段から不利な思いをしているために思いついたのだそうです。

還暦を過ぎてもなお、マシンガントークを続ける根本さんに圧倒された丹野でした。


<編集部よりおしらせ>
公開時の記事に「6月に名古屋で追加公演を行った」との誤った情報が掲載され、またDVDおよびCDの収録内容が判別しにくい記述となっておりました。
当該箇所を削除の上、正しい情報に改訂いたしました。ご指摘いただいた皆さまに感謝いたします。
また誤記載に関しては改めてお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line