2017年6月28日(水)

放送禁止確実?北野誠が語る 松竹芸能レジェンド列伝

北野誠のズバリ / エンタメ

北野誠が所属するのは松竹芸能。そこには数々の伝説を持つ師匠たちがいます。

6/26の『北野誠のズバリ』では冒頭、その情けないような、かわいいような、味のあるエピソードの数々が語られました。
先日大阪で松竹芸能60周年記念の特別番組が撮影された際の話題です。

バイキングを食べ続ける師匠

この番組には若手芸人も出演しますが、横山たかし・ひろし、海原はるか・かなた、酒井くにお・とおるなど、ベテラン勢の見事なレジェンドぶりを見るという番組。

例えば、海原はるか・かなたのかなたさんは、めちゃくちゃエコな芸人。
泊まりの仕事でホテルでバイキングだったら、朝7時から入って10時まで食べ続けるとか。

「片岡鶴太郎さんと真逆ですね」

ITジャーナリストの井上トシユキが言います。
ヨガをして一日一食という鶴太郎さんとは対照的ですが、ひたすら食べ続けるのもある意味すごいです。

北野の唇を奪った師匠

酒井くにお・とおるのご両人は、現在70歳前。
「とおるちゃん!」でおなじみのくにおさんが、司会、ますだおかだの岡田さんに対して爆弾発言。

「そんなこと言うけどあんたさぁ、岡田くん、まだ若い頃、私の部屋に来てキスをしたじゃない」と爆弾発言。

すかさず北野が「すいません!」と、割り込みます。
「岡田の前に、俺も飲みに連れていってもらった時、いきなり唇を奪われましたけど。岡田より俺の方が早いです!松竹芸能に入って1年目くらいの時に、大阪の新歌舞伎座の裏のスナックに連れていかれて」

そこで、70人くらいいた松竹の芸人に「くにお師匠に唇を奪われた芸人は?」と聞くと、けっこうな人数がいると判明。

「耳、かじられたんですよ」、「昔よく乳首ひねられてたで」と、出るわ、出るわ、レジェンド話。

ゲスト審査員のデヴィ夫人が「くにおさんって、初期のゲイだったんですね」
周囲は「ゲイ能人ですからねー」とフォロー。

くにおさんのゲイっぽさが、キャラなのかマジなのかはグレーということで。

本番中は寝ないでください

収録が夜に及ぶと、正司敏江・玲児の敏江さんが、本番中、どセンターでグーグー眠りはじめたそう。

岡田さんが「師匠、寝るのやめてください!」
敏江さん「ええ゛っ!」
周囲は「師匠、寝起き機嫌悪いから…」と諦めムードになったそうです。

「さんまさんが今、62歳やけど、僕が松竹芸能入った時の六代目(笑福亭)松鶴師匠が58歳くらいで、めっちゃ貫禄あったからね。
今の師匠方はあんまり貫禄ない。こどもに戻ってる感が高い。おもろいけどなー」と、北野。

江頭2:50は平成の〇〇王?

「昭和の芸人さん、平成の芸人さん、変わらざるを得んかったからね」と井上。

そこで、北野が昭和の喜劇王の伝説を語ります。

藤山寛美師匠のところに借金取りが来て、「これ、返してもらわんと困るんや!」と怒鳴りました。
寛美さんは泣きながらしゃべっているうちに、なんとさらに200万円を借りたのです。

「お前の芸に貸したるわ」
「ありがとうございます」

泣きながら200万円を持った寛美さんは、そのままタクシーに乗って「祇園まで!」と告げたそうです。

北野は「この話、江頭を思い出すなぁ」。

大川興業の江頭2:50さんは「家賃が払えないんです」と言って大川総裁に5万円借りて、借りた瞬間タクシーに乗って「吉原へ!」。

「やることが喜劇王じゃないですか!」と、月曜アシスタントの松岡亜矢子。
北野がさらに付け加えます。

「おまけに江頭は家賃払えないで、大家さんが何回も取りにくるから、床下開けて穴掘って、そこから外に出られるようにしてました」

井上「脱獄王みたいになってるやん」

江頭2:50さんは平成の喜劇王で脱獄王、なのでしょうか。

「しかし、師匠たちの話はおもろかったけど、多分テレビで流せるところが少ないなー」と、しきりに残念がる北野でした。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line