2017年6月26日(月)

演歌の貴公子・山内惠介にも髭は生えます。

丹野みどりの よりどりっ! / エンタメ

演歌界の貴公子、山内惠介さんが、6/23放送の『丹野みどりのよりどりっ!』に出演しました。
4/21以来2ヵ月ぶりの出演となりますが、今回は生出演。

「まずは…やっぱり今日も似ています!」と恒例の話題で始める丹野みどり。
そうです。丹野と山内さんの間には姉弟疑惑が出るほど、自他ともに認めるそっくりさんなのです。

「朝から緊張しましたよ。ちゃんと顔を作っていかなきゃって」との山内さんの軽いジャブからインタビューが始まります。

生・山内惠介さんを見かけました!

今回の生出演にあたって、番組では山内さんへの質問を緊急大募集しました。まずはこちらのおたよりから。

「今日たまたま名古屋出張で午後に到着したんですが、名古屋駅でお見掛けして大興奮でした。緊張して声がかけられませんでした。『ラジオを楽しみにしています』と心の中でエールを送りました」(Aさん)

「声かけてくださいよー」とても気さくな山内さん。
どこで見られているか気が抜けない、としながらも、山内さんは名古屋のファンについてこう語ります。

「比較的名古屋のファンの方は、新幹線のホームまで送り届けてくださるんですよ。入る時も待っていてくださったり。今日もお1人待ってくださっていました」

山内さんは親父ギャグがお好き?

「惠ちゃんが番組に生出演とのことで、初めてメッセージいたします。移動中や気分をリフレッシュさせたい時など、リラックスタイムに欠かせないものは何でしょうか?」(Bさん)

「やっぱり歌を聴きますよね。ウォークマンで」

山内さんは昔ながらのウォークマンを愛用しているとのこと。
演歌・歌謡曲はもちろん、自分のライブの音源などをチェックするために聴くという山内さん。
「お仕事熱心なんですねー」と非常に感心した様子の丹野ですが、「惠介さんみたいに歌を歌える方が、反省点とかあるの?」と素朴な疑問を持ちます。

「ありますよー!ライブはもちろん、歌もトークも反省しますよ。くだらないギャグ言ってんな、とかね」

「あー!」と思い当たる節があった丹野。
前日に出演していたテレビ番組でも山内さんの親父ギャグが炸裂していた、とツッコミを入れます。

カミソリはI字、のこだわり

「惠介さん、とっても綺麗なお肌。ヒゲの手入れ、お肌の手入れどうされているの?とっても美しいので気になります。エステも行ってるの?洗顔後すぐに化粧水をされるんでしょうか?」(Cさん)

エステへいった経験は1,2回しかないという山内さん。

「僕もデビューして17年。だんだんやっぱりヒゲも濃くなってきましたんで、シェーバーでやることもあります」

「ヒゲ、生えますか?」と、変な質問をしてしまう丹野。この美しい肌からは想像もつかないといった様子です。

たまにI字カミソリで顔剃りをして、産毛を処理してノリをよくしているという山内さん。
生まれてこの方、T字カミソリを使ったことはなく「たいてい男性はT字ですから。僕がI字と言うとみんなビックリされる」んだそう。

さらに、毎朝晩のローションパックを欠かさないという山内さん。洗顔後すぐの化粧水は当然!と語ります。
山内さんの美肌の秘訣を少し垣間見ることができました。

山内さんと弾むガールズトーク

「これから暑い日が続きますが、夏バテ対策はどのようにしていますか?」(Dさん)

「やっぱりデトックス大事なんじゃないかな。家のジューサーでフルーツを…」

こう語る山内さんに「ちょっとなんかね!今、話の内容だけ総合すると、女子高生と話しをしているみたい!」と、丹野は山内さんの女子力の高さに舌を巻きます。

「丹野さんだから、こういう話は盛り上がりますよね」

山内さんはフルーツや野菜をたくさん取るために、ジューサーを利用しているんだそう。フレッシュなビタミンが美肌にもつながっていそうです。

山内さんの大好きな名古屋メシ

「名古屋メシで一番好きなものはなんですか?」(Eさん)

「さっきもいただきましたけど…」と、山内さんがNO.1にあげたのは、刻んだうなぎの蒲焼きをご飯にまぶした料理「ひつまぶし」。

「美味しすぎて、だしをかけるまでいかないんです」

ひつまぶしの食べ方は、1杯目はお櫃から器に移してそのまま食べ、2杯目は刻み海苔などの薬味を乗せ、3杯目は残った薬味とだし汁をかけてお茶漬け風にして食す、というのが一般的です。
山内さんは、なかなか3段階に分けて食べるまでに至らないんだそう。

「味噌煮込みうどんを食べた時はビックリしましたよ」

うどんと言えば柔らかいうどんしか知らなかった、という福岡県生まれの山内さんは、味噌煮込みに使われるコシの固いうどんは初体験。別の食べ物と考えた方が良いかもしれません。
でも今ではすっかり病みつきになってしまっているんだとか。

プレゼントはどこへ行く?

「バースディーの時のすごい量のプレゼントはどうされているんですか?」(Eさん)

先月34歳になったばかりの山内さん。

「もちろん、全て僕がいただきます!」

あとは実家に送ったり、事務所に保管しているものもあるそうですが、「感謝しております」の言葉を忘れない山内さん。

「惠ちゃんは嫉妬深いですか?例えば、自分の好きな女性や気になる女性が他の男性を誉めたり、応援したりしたら気にいらないですか?仕返ししたりしますか?素直な回答が好きです」(Fさん)

「そりゃ歌手ですから。嫉妬しますよ。それは負けん気にも繋がりますしね。ものすごいやきもち焼きです。面白くないですよね。嫉妬心のない人なんているんですか?」

なんとも素直に答える山内さん。

「でも嫉妬心が迷惑な形で現れるとガチャガチャしちゃう。グッと我慢してこらえるということも大事ですよね」

「だからこそ燃えるというね、仕事も恋愛も」と、綺麗にまとめた丹野でした。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line