2017年6月5日(月)

平原綾香、豪華アーティストから贈られた「愛」を歌う

丹野みどりの よりどりっ! / エンタメ

4/26に記念すべき10枚目のオリジナルアルバム『LOVE2』をリリースした平原綾香さん。
前作のアルバム『LOVE』同様、今回の『LOVE2』でも豪華なアーティストの方々に「愛」をテーマに楽曲を書き下ろしてもらったとのこと。

CBCラジオにも縁の深い平原さんが、6/2の『丹野みどりの よりどりっ!』に出演しました。

様々な愛のシチュエーション

『LOVE2』への楽曲提供アーティストは、宇崎竜童&阿木燿子夫妻・谷村新司・原 由子・織田哲郎・宮沢和史・川江美奈子・藤巻亮太・諫山実生・Nicolas Farmakalidis & AIKAの計9組。

「もう豪華すぎる!」と、丹野みどりも興奮の錚々たる顔ぶれです。
さらに平原さん自身の書き下ろしの楽曲の1曲と、東北復興への想いが詰まったボーナストラック「わせねでや」(東北弁で「わすれないで」の意)を含む全11曲からなります。

「愛をテーマに歌えるってすごい幸せだなと、2作目でより実感していて。アーティストの皆さんが『愛』というお題でどう描かれるのかすごく興味があって。誰も裏切らないと言うと変だけれども、想像以上のすごい曲を書いてくださるので、毎回驚きと涙が止まらなくて。デモテープからワンワン泣いて」

こう語る平原さん。様々なアーティストの方々からの素晴らしい「愛」の楽曲の数々に、感動と興奮が抑えられなかった様子が伝わってきます。
丹野も「愛のシチュエーションもこんなにバリエーションがあるんだと思って!」と、平原さん並みに興奮を抑えられません。

平原綾香の存在は天然の贈り物

今作10曲目の「世界で一番幸せな娘」を提供した宇崎竜童さんからは「あの幅広い声域なら、綾香さんしか歌えない歌を作ろう。最後は泣きながら作った」とのコメント。
同じく阿木燿子さんも「あーこんな娘がいてくれたらどんなにいいだろうか。主人共々綾香さんの曲を書かせていただいている間中幸せでした」とのこと。

「宇崎さんと阿木さんの娘みたいなね、バージンロードを行くようなシチュエーションになってましたし」との丹野の言葉に、「結婚の予定ないのに泣けちゃうって感じ。今にも結婚しそうなアルバムができちゃって」と、平原さん。
「私呼ばれてないのに、披露宴に呼ばれて感動のVTRを見ているみたいな」と、丹野も幸せのおすそ分けをしてもらったような感動に襲われたようです。

7曲目の「ジャスミン」を提供した谷村新司さんは「平原綾香の存在は天然の贈り物だと思っています。彼女がまだ学生だった頃の出会いの時から現在に至るまで、その思いは変わっていません」とコメント。

谷村さんには「Jupiter」で鮮烈なデビューを飾った19歳の頃から親しく、平原さんは今でも「谷村パパ」と呼んでいるそうです。

丹野が心酔した「今宵も月」

先入観を持たないよう、誰がどの楽曲を提供したかわからない状態で全曲通して聴いてみたという丹野が「鳥肌が立ってしまって、これは誰が作ったんだろうと調べた」という一番のお気に入りは4曲目の「今宵も月」。
この曲は、元THE BOOMの宮沢和史さんの提供作です。

最初は「風になりたい」のような明るい楽曲を想像していたと言う平原さん。
「真逆の、ダークな愛。でもそこからグググっと這い上がっていく女性の強さと言うか…」と、曲調は意外だったと話します。

「平原さんの歌い方も、4曲目はすごくスケール感があって、メロディラインの展開もあって、鷲掴みでした」と、すっかり心を奪われた様子の丹野です。

初めての方も楽しめるコンサートに

そんな平原さんのコンサートツアー『平原綾香 CONCERT TOUR 2017 〜 LOVE 2 〜』は5月から始まっています。
中京エリアでは9/21(木)に愛知県芸術劇場大ホール、そして9/24(日)に愛知県新城文化会館大ホールで予定されています。

「コアなファンの方から『アルバムを引っ提げてのツアーもいいけど、昔の曲も聞きたいよ』と言われることが多い」と話す平原さん。
今回のツアーでは『LOVE2』の楽曲はもちろんのこと、昔の曲・有名曲も選んで、初めての方も楽しめるコンサートにしたいと語ってくれました。

この後もコンサートツアー中の7・8月に帝国劇場で主演するミュージカル『ビューティフル』の話、ミュージカルでのキスに関するドキドキ話、意外に庶民的な気分転換の話などで、丹野とまだまだ盛り上がる平原さんでした。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line