2017年5月4日(木)

MAG!C☆PRINCE西岡、美肌の秘訣は深夜生出演中の睡眠?

ナガオカ×スクランブル / エンタメ

4枚目のシングル曲「UPDATE」をリリースした東海エリア出身者の5人組MAG!C☆PRINCE(通称「マジプリ」)が、CBCラジオ『ナガオカ×スクランブル』に登場しました。
阿部周平、平野泰新、西岡健吾、大城光、永田薫のフルメンバーが23時台に生出演です。

永岡さん、肌荒れないんですか?

のっけから眠そうなメンバーの西岡健吾。
パーソナリティの永岡歩は「お前もう疲れた?もっとテンション上げろや!生放送やねんから!!」とツッコミ。
実は西岡、この日は岐阜での仕事があったために朝の4時50分に起きたとのこと。
この出演が最後の仕事ということで、仕事終わりの楽しみについて聞かれた西岡。

「自分はサプリ飲んでとっとと寝ますね。22時からがゴールデンタイムと言われているんで」

「女子!」マジプリメンバーから口々に声が上がる中、西岡は「永岡さんは遅くまでラジオをやってて肌荒れないんですか?そんな元気なの、何でなんですか?」と頑なにマイペース。
ビタミンCとニキビ予防のサプリを飲んでいるという西岡、話の内容がすっかり女子トークに。

「サプリ飲み始めてから、肌の生まれ変わりの時に透明感のある素肌になっているなと思います。22時から深夜2時の間寝てないとダメなんですよ!」

「やめろぉ!なんで生放送で『番組聴くな!』ってプロモーションされなあかんねん!メンバー『アップデート』せい!」とマジプリの新曲にからめて叫ぶ永岡。それを必死で抑えるメンバーです。

西岡、阿部の話は興味がない?

マイペースな西岡に呆れた永岡、今度は永田薫に「どうですか、ダンスが苦手な永田」と矛先を向けます。

「みんなが本当に上手なんで、自分は追いつかないとヤバイんですけど。平野の隣が多いんですよ、僕」

名指しされた平野泰新は、男子新体操でインターハイ優勝という華麗な経歴を持ち主。差が目立つので大変だそうです。

「阿部ちゃんはどうなの?」と尋ねる永岡に「阿部ちゃんがうまいんすよ」「K-POPとか好きで常に動画を見ているし」「好きなものへの研究熱心さがすごい」とメンバーが口々に褒め称えます。

最初こそ先生から「ダンスのセンスがない!」とダメ出しをされていた阿部周平ですが、今では「一番センスがある、形が一番きれい」と言われているそう。

この会話中妙に静かな西岡。永岡から「いま健吾の目が閉じようとしております」と実況されると「阿部の話は興味がない。寝てないですよ」とバッサリ切り捨てます。
どこまでもマイペースです。

やっと新曲の話題に

ここでようやく新曲「UPDATE」の話題に。この楽曲はイモトのWiFiのCMソングとしてテレビなどでもオンエアされています。

大城光には沖縄に祖母がいます。当初は芸能活動に反対していたのですが、今では「早くCDを持ってきて」と言うほど応援しているそうです。
そんな祖母にCMを通じてテレビでの活躍を見せることができた大城ですが、長い間会っていないため「あれ、こんな子だったっけ」と言われてしまったとのこと。

CMソングに起用されたこともあり、従来のファン以外にも聴いてもらえそうとの手応えがメンバーにはあるようです。
「大人でクールな僕たちを前面に押し出した曲なので、いろんな方に共感していただけるのではないか」
「切ない歌詞は、家族・彼女・友達などの大切な人との別れを歌っているので、幅広い人に刺さる曲なのではないか」

永岡も「PV見ててもみんなの真剣な表情ね、歌詞とピッタリ合っていて。さすがマジプリ。ファンもリスナーからのアクションも増えている。場数も踏んでる。すごいなっていうのを実感しました」とようやく真面目にマジプリを評価します。

7月には東京で初のワンマンライブ

ライブ『本気☆LIVE Vol.4』は、6/17(土)にZepp NAGOYA、7/8(土)にはZepp TOKYOで開催されます。
特にZepp TOKYO公演は、東京での初ワンマンライブ。7/4に誕生日を迎えるメンバー、大城光22歳の「生誕祭」も催されるそうです。

また前述のようにインターハイで優勝経験のある平野は、5/11(木)に「スポ男」こと『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』(TBSテレビ系列)に出演します。

以前「モンスターボックス」で世界記録となる23段を飛んだ平野。
結論だけ聞き出そうとする永岡を「僕から多くは語りません。ぜひテレビの前で見ていただいて。秘密ですから。何段飛んだかは11日まで我慢していただいて」と優しくいなします。

相変わらず静かな西岡に「健吾、ゆっくり寝ていいからね」と締めくくる永岡でした。
(minto)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line