2018年2月12日(月)

超売れっ子キーボーディスト・渡辺シュンスケ、新作を語る。

丹野みどりの よりどりっ! / エンタメ

キーボーディストの渡辺シュンスケさんが、2月9日放送の『丹野みどりのよりどりっ!』に出演しました。

実は番組テーマ曲は、渡辺さんのソロプロジェクトであるシュローダーヘッズの楽曲。
そのプロジェクトの活動や新しいアルバムについて伺いました。

番組とのご縁

5年前に『丹野みどりのよりどりっ!』が始まる時、スタッフ会議で「オープニングテーマはこの曲しかない!」と決まったのが、渡辺さんの作曲した「no sign」でした。
現在ではもう番組の顔のようにすっかりなじんでいます。

これを縁に、渡辺さんはトリオを率いて『CBCラジオ夏まつり』の番組ステージにも出演。
40度を超えるステージ上で汗だくになりながら、クールに「no sign」を演奏したそうです。

その後新作が発表されるたびに、渡辺さんが番組へ出演するという縁が続いているのです。

シュローダーヘッズとは?

その渡辺シュンスケさん、普段はキーボーディストとして、佐野元春さん、岸谷香さん、柴咲コウさんなどのサポートキーボーディストとして多忙を極めています。

一方でキーボード、特にピアノが好きなので、それを極めようと、インストルメンタルのソロプロジェクトも行っています。その名称が「シュローダーヘッズ(Schroeder-Headz)です。

「シュローダー」はスヌーピーに出てくる猫背でいつもピアノを弾いている男の子の名前から。
渡辺シュンスケさんも猫背だそうで、シュローダー君に似ているというところからこの名前をつけたそう。
「ヘッズ」には”マニア”という意味があって、響きもかっこいいなと思って「シュローダーヘッズ」となりました。

ニューアルバム『ハルシュラ』

シュローダーヘッズは1月24日、新しいアルバムをリリースしたところです。タイトルは『ハルシュラ』(HALSHURA)。

意味はあるようなないような、造語だそうです。
元は宮沢賢治の『春と修羅』だったり、今回のアルバムは季節がテーマになっていますが、桜の花が大好きだそうで、咲いてすぐ散るせつなさをピアノの曲にしたい、という気持ちがあったそうです。

丹野「今回のアルバム、いろいろな曲がありますが、全体に優しい感じがしました」

渡辺「そうですね。春なら桜とか、季節ごとの瞬間を真空パックする形で、一曲一曲作らせていただきました。耳で聴くカレンダーみたいな気持ちで」

アルバムジャケットは素敵な透明感のある絵で、近藤康平さんの作品。ライブペインティングをされている方で、渡辺さんとは友だちでよく一緒にライブもするそうです。

丹野「とてもきれいな色で、白っぽい、水色っぽいトーンの中に、立って猫背気味にピアノを弾いている人がいますね」

手紙が届けてくれたもの

丹野「今回はボーカルの入ったものもありますね」

渡辺「同じ曲が2曲入っています。『手紙が届けてくれたもの』は、去年『ハローグッドバイ』という映画の仕事をして、その主題曲です。元はピアノ曲で、そこに坂本美雨さんが歌詞を書いてくれて、ボーカルを乗せてくれたバージョンが収録されています」

丹野「坂本龍一さんと矢野顕子さんの娘さんですね。歌声がやさしくて透明感があって、澄んでて癒し系で。実際はどういう女性ですか」

渡辺「すごく丁寧な人です。昔の日本の女性みたいなとても素敵な人です。かといって他人と壁も作らないし、ざっくばらんにいろいろお話もできる魅力的な人です」

サポートから見たアーティストの素顔

渡辺シュンスケさんは、ソロ活動以外にさまざまなミュージシャンのサポートキーボーディストとしても活躍しています。
佐野元春さん、柴咲コウさん、小泉今日子さん、パフィー、Coccoさんなどのライブやレコーディングに関わっています。

だいたい皆さん、現実とステージ上は変わらないそうで、特に最近一緒に仕事をした佐野元春さんはそのままだったそう。

丹野「飾らず、自然体の人が多いのですね。逆に渡辺さんが気を付けていることは何ですか?」

渡辺「音楽は人それぞれ受け取り方、作り方も違うので、その人が呼んでくれた自分に何ができるかなと考え、あまり頭が固くならないようにしています」

充電というか、種まき

今回は2年ぶりのアルバム。アルバムを出してその年ツアーをやって、次の年で充電して、というサイクルだそうです。

丹野「充電する時は何かしていますか?」

渡辺「特に何もしてないです。日記を書くみたいに、その日の天気とか、起きた時の気持ちとか、ピアノで弾いて録音しています。それはこういうのを弾こうと思ってもできないことのなので。後で聴いて、あ、これをこんな風に発展させていくと面白いかなと思ったりします。
充電というか、種まきするみたいな作業ですね」

今回のアルバムのツアーが開催されます。
名古屋では5月25日(金曜)にクラブクアトロで行われます。

「名古屋は初夏くらいですね。たぶんツアーしていくと曲も進化するので、そういう時も楽しんでください」と渡辺さんからのメッセージです。

丹野は「まずはアルバムで予習してください、ということですね」とまとめました。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line