2017年11月8日(水)

SKE48卒業直前・大矢真那と女子会スペシャル!第2夜

SKE48 観覧車へようこそ / エンタメ

11月6日放送の『SKE48 観覧車へようこそ!!』は、チームS「まさにゃ」こと大矢真那(おおやまさな)、チームK II「さきぽん」こと竹内彩姫(たけうちさき)、チームK II「ゆづき」こと日高優月(ひだかゆづき)の3人でお送りいたします。

先週に続き、大矢真那をゴンドラマスターとして迎え、ラジオで話したい後輩メンバーを大矢自らがセレクト!

「AKB48の全国握手会のイベントで一緒になった時に、このメンバーでいるのが楽しくて、もっとしゃべりたい!」という理由で選ばれた2人と共に、今夜も女子会のスタートです。

11月6日は大矢真那の誕生日!

11月6日の今日は、偶然にも大矢の誕生日ということで、スタジオに用意されたご飯やサラダ、お菓子をみんなでつまみながら、初めて出会った頃の話へ。

竹内の第一印象は「みるきー(元NMB48・渡辺美優紀)がSKE48の兼任をしていた頃に、みるきーがなかなかレッスンに出られなかった時にアンダーで公演に入ってくれていたよね」と、大矢。

反対に竹内から見た大矢は、「真那さんはクールビューティなイメージがあって、影でグループを支えていて、かっこいいなってずっと思っていました。後輩は簡単には近寄れないような雰囲気で。でも話してみたらすっごく話しやすくて、接しやすくて」とのこと。

続く日高は「私は元々SKE48が好きで。真那さんは、総選挙でのスピーチが印象的でした。(第2回選抜総選挙の、知る人ぞ知るあの有名なスピーチです!)こういう人もいるんだって。それが初めての印象です」

対し、「今はなかなかSKE48の歴史を知らずに入って来る子も多いから、こうやって昔のSKE48や自分を知って、後輩が入ってきてくれてすっごく嬉しい!」と、大矢が心からの喜びを見せてくれました。

誕生日なのに!?ケーキ争奪クイズ

ここで本日の主役、大矢への誕生日プレゼントということで、ゲストの2人から大矢の大好きなミルクレープを用意!

しかしここはラジオ。そう簡単に食べられるものではありません。
クイズに答え、全問正解したらゲットです。

「誕生日なのに~!食べたい~!やだ~!」と、ごもっともなのですが…
『ケーキ争奪!真那1人早押しクイズ!』を開催いたします。

しかし内容はやっぱりスペシャルということもあり、「大矢真那」にまつわるクイズ。
本人なんだから答えられて当たり前!だからってやる意味?あるんです!本人の解説と共にお楽しみ下さい。

「第1問、大矢真那がSKE48の楽曲の中で1番好きな曲は何?」

大矢「恋を語る詩人になれなくて!」

…正解です。

「『制服の芽』公演の中の1曲目で、SKE48の表題曲ではないけれど、代表曲と言える、みんなで盛り上がれる曲!卒業コンサートではみんなで絶対踊りたくてセットリストに入れました。」

「第2問、大矢真那がSKE48に入りたかった理由は?」

大矢「AKB48に会いたかったから!」

…こちらも正解。

「AKB48がサンシャインサカエでこけら落とし公演をした時に観に行ったら、SKE48を募集するって知って。オーディションに行ったらAKB48に会えるんじゃないか?という理由でした」

「第3問、大矢真那はSKE48のどこが好き?」

大矢「いっぱいあるも~ん!ファンの人が好き!メンバーが好き!」

…こちらも大正解!

無事、自分クイズに正解し、大好きなミルクレープにありつけた大矢。よかった~!

2人へのメッセージ

お誕生日なのにケーキの争奪戦に参加した大矢は、お誕生日ではなくともケーキを食べるゲスト2人に、メッセージを送ります。

「SKE48を引っ張っていく、次の世代だよね。すごく頼り甲斐のある、頼もしい後輩たち。
私は最初の頃からグループを見ているけれど、今、勝てるポテンシャルを持っているから、SKE48の今後は大丈夫だね。新しいSKE48を築いていってくれるのがめちゃめちゃ楽しみ。」

日高「同じ公演にたくさん出た訳ではないし、お仕事でも被ることはなかったし、こんなに見てくれていると思っていなかったから、嬉しいです」
竹内「ちゃんと見てくれている先輩がいるって幸せなことだね。」
大矢「後輩の事を見てないと思われているかもしれないけど、いろいろ感じているし、よく見てるよ~!」

グループへの気持ち、後輩への気持ちと、回を増すごとに大矢のSKE48への深い愛を感じます。

とうとう来週で本番組への最後の登場となる大矢。
聴き逃しは厳禁ですよ!
(ゆうつん)


11/6セットリスト
M1「望遠鏡のない天文台」(SKE48 19th single.)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line