2017年2月21日(火)

名古屋発エンターテイメントグループBOYS AND MENが「部活」?

BOYS AND MEN 栄第七学園男組 / エンタメ

昨年末に日本レコード大賞新人賞獲得、先月には初の武道館ライブを成功させるなど、いまや全国的な人気を集めている”BOYS AND MEN”(以下「ボイメン」)。
名古屋で生まれ、名古屋で育ち、所属事務所も名古屋市内というエンターテイメントグループです。
毎週月曜日よる10時からのCBCラジオ『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』では、番組自体が学園活動をイメージしています。

単独ライブまで開催する合唱部と演芸部の実力

学園生活と言えば、その中には当然ながら「部活動」も存在します。
学ランでおなじみのボイメンですが、そのヤンキーなイメージとは裏腹に、文化部活動が活発なのが栄第七学園の特徴。
演劇部、ヒーロー部、心理学研究会、文芸部、ボイギリ部(大喜利)、軽音楽部などが活動する中、スタジオを飛び出して単独で発表会を行うほど活発なのが、合唱部と演芸部です。

Takafumi、Kento、Masatoの3名による合唱部は、中京エリアの中学校合唱部との交流のほか、部員自ら曲も書き、昨年5月には第七学園合唱部名義で7曲入りのCDミニアルバム『チキン』をリリース。
武道館ライブの熱気冷めやらぬ1月30日には、名古屋市中区栄のアートピアホールで第一回定期演奏会を開催し満員の観客を前に合唱やDJプレイを披露しました。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901 先月30日の第七学園合唱部 第一回定期演奏会より

一方の演芸部は、ボイメンメンバー土田拓海とピン芸人酒井直斗によるコンビ。
昨年の『キング・オブ・コント』に出場して1回戦を突破したり、先週15日には名古屋駅前のミッドランドシネマでステージにも立つという、こちらも合唱部に負けない本格派です。

eccbc625-50ee-46cb-b875-1a781d588bab 2/14 名古屋ミッドランドシネマのステージにて

彼らの部活は、こちらのLINE LIVEアーカイブでもご覧いただけます。
オリジナル曲のライブやDJ、コントなど日ごろの部活動の成果を「学芸会」として発表したものですが、両部を収めた映像としては唯一のものです。
名古屋から全国へ羽ばたくボイメンの魅力が、メンバー個々が持つアーティストパワーやサービス精神にあることが実感できます。

1129

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line