2017年9月27日(水)

「女性が嫉妬から出てしまう行動」にボイメンもドン引き!?

BOYS AND MEN 栄第七学園男組 / エンタメ

女性向けサイト・Googirlに「”かわいい”と”怖い”の境界線!?彼がドン引きする嫉妬レベルとは?」の記事が掲載されました。
彼が大好きなあまり、嫉妬から出てしまう行動については、一歩間違うと怖がられる場合もあります。

名古屋を中心に活動するエンターテイメントグループ”BOYS AND MEN”がお送りする『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』、オトコ心・オンナ心を学ぶ「保健」のコーナー。
9月25日に出席した水野勝、田中俊介、本田剛文の3人は、彼女にどこまでされても引かないでしょうか。

3人とも許せないレベルが低すぎ!?

Googirlの記事ではレベル8まで紹介されていますが、まずはレベル1の「構って欲しそうに甘える」。

これぐらいは良いと思ったり、むしろ可愛いと思ったりしそうですが、本田はレベル2の内容を先に見た時に早くも「おや?」と思ってしまいました。

レベル2は「(心配そうに)えっ、それって女の子もいるのー?(と聞かれる)」。
今度飲み会や遊びに行くことを彼女に伝えた際に言われるセリフですね。

水野も「俺、それはもうダメ…」と語り、田中は「それだけ好きでいてくれると、ギリギリ行けるかな~」と、早くも3人全員脱落の危険が出てきました。

続くレベル3は「飲み会って女の人は何人くるの?」。
束縛が強いと感じる男性が多そうですが、水野は「(レベル2も含め)信用されてない感じが嫌」と、引く理由を答えました。

ジャンルが変わりますが、レベル4は「連絡がないとLINEの泣き顔スタンプを連投」。
田中は「そのスタンプに対し、ふざけたスタンプを返しても面白がる対応をしてほしい」と語りました。

さらに、メッセージをすぐに返してくれないことに不満を感じる女性に対しては、本田は「未読スルーにすることも普通にあるので、緊急の用事は電話で良いんじゃ?」と語り、水野と田中は、自分たちもすぐに返信できない場合があるので、逆に彼女が未読のままでも気にならない、と答えました。

彼のスマホをこっそり見たあげく…

「レベル5からは、ここから本格的に男子がしんどくなってくるレベル」と本田は紹介しましたが、すでに3人とも許されないレベルに達していそうです。

レベル5は「男友達や仕事にまで嫉妬」で、特に3人は芸能界にいると付き合いが多いため、よけいにキツく感じているようです。

ここで水野は、男子目線の意見と断りを入れつつ、「私はそういうのは大丈夫(=嫉妬しない)と言う女性でも、彼のことを好きすぎると、(仕事と私とどっちが大事なの?)と言いたくなるだろうが、そこはこらえて欲しい」と、実体験があったかのように力説していました。

また、スマホのGPSで彼氏の居場所を管理するケースもあるという話に、水野は「ケータイ捨てるわ」とまで語っていました。

レベル6は「今どこで誰と何してるの?」。
GPSでの管理に近いですが、見張られている感があるのが嫌なのでしょう。

レベル7は「スマホをこっそり見ちゃう」。やはり信用してないという点で幻滅する、という意見で一致しました。

最高レベルの8は「彼のフリをしてあやしい女に連絡しちゃう」
レベル7の発展形ですが、彼がやりとりしている女友達に、彼のふりをして「彼女ができたから連絡してこないで」と勝手にメッセージを送るケースです。

これには全員「うわー」「怖ぇー!」とドン引き。
「かごに入れると出たくなっちゃう。放し飼いぐらいの方がいいんじゃないの?」という意見が出た後、「やはり2人の間の信頼関係が大事」とまとめました。

女性からすれば、やましいことがないならスマホを見ても、GPSで位置が分かっても問題がないのではないかと思いがちですが、ボイメンのみならず、男性は束縛を嫌うようですね。

これらはすべて男性目線で語ったものですので、どうかお許しを……。
(岡本)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line