ドラ魂キング

ダイノジ大谷、中日のブライト健太獲得に興奮!他球団1位選手もチェック

10月11日、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が都内のホテルで開催されました。
中日ドラゴンズが単独で1位指名したのは、上武大学(群馬県)の外野手、ブライト健太選手でした。

ドラフト当日のCBCラジオ『ドラ魂キング』放送中は1巡目が終わったところ。
ダイノジの大谷ノブ彦清水藍が興奮気味に各選手について語りました。

[この番組の画像一覧を見る]

ようこそドラゴンズへ

今回ドラゴンズが1位で獲得したブライト選手は、ガーナ人の父と日本人の母を持つ東京都出身22歳。身体能力の高さと抜群の長打力が期待されています。

大谷「ようこそブライト選手、中日ドラゴンズへ!」

とにかく一年目から使って欲しいというのがファン心理。立浪新監督を迎える新生ドラゴンズの起用に注目です。

ちなみに、大谷がその名前から注目していた椋木蓮選手は、オリックスが単独指名しました。

大谷「オリックスバファローズ椋木蓮」
清水「なんかカッコいい感じですね」

大谷「確実に来年の抑えは椋木蓮でいきます」
清水「来年、オリックスも注目して見ようかなって気になりますね」

大谷が先週から名前を連呼しているので、確かに気になります。

大谷「私の恋人、椋木は…」
清水「恋人?」

もう恋人になっていました。

大谷「グッズも作って欲しい。オリックスってニックネームでも作ってくるじゃん。ラオウ(杉本裕太郎選手)がいるところにレン(蓮)が入って来るんだよ。椋木蓮です」

単に名前が言いたいだけのようにも聞こえます。
 

一番才能のある選手を指名する球団

「天理高校の達孝太選手を獲って欲しかった」というおたよりもありました。
達選手はダルビッシュ2世と言われた投手で、日本ハムが一本釣りしました。

日本ハムファイターズは、その年の一番才能のある人を指名するんだそうです。
2011年のドラフト会議では、菅野智之投手(現・巨人)が「叔父が原監督なので巨人しか行きたくない」と牽制していましたが、日本ハムは果敢にも1位指名しました。

ドラフト会議前には「プロ野球としてあるべき指名をする」とコメントした日本ハム。しかし、菅野投手は日本ハム入団を拒否し、1年間浪人して巨人に入団しました。

その日本ハムが指名したのが達選手。今年一番才能のある人とも言えます。
ドラゴンズファンからも、達選手を1位で、2位を外野手という声が多数寄せられていました。

いい谷「日ハムが面白いのが、来年監督が変わり、再来年から新球場になるんですよ。いまチームが世代交代、かなりフレッシュなチームになるんじゃないでしょうか」
 

横浜、待望の右腕

横浜DeNAベイスターズが1位指名を獲得したのは、若山高校の小園健太選手。左腕帝国・横浜にとって待望の右腕でしょう。

大谷「小園というスターが横浜にやって来た。今年はBクラスですけど、来年、我々ドラゴンズと一緒にAクラスを目指すチームとして、これは一番欲しかったと思います」

Bクラス同士の親近感を覚えている大谷。

大谷「始まったらドラフト熱い。そして、ようこそブライト君。ブライト君がバンテリンドームで躍動するのが、我々の楽しみなところですよ!」

横浜の話題から唐突にブライト選手への言葉。いつもより興奮している大谷です。
 

楽天の長期計画

しかし、楽天が1位指名した昌平高校(埼玉県)の吉野創士選手については…

大谷「データが欲しい。全くわからない!石井(一久監督)さんってわからないね。こういうことを一番やるひとだよね(笑)」

吉野選手は走攻守揃っていて、ホームランも期待できるスラッガーです。

大谷曰く、楽天は今のチーム状況を見て指名するのではなく、数年先を見据えて指名するんだそうです。
何年後に一軍に上げて、トータルで60~70試合使う、というようなプランを作っているんだとか。

清水「めっちゃ足速いですよ。50メートル6.1(秒)」

大谷「僕の中では、いま楽天にいるやろうと思うんですが、将来もそういう選手が欲しいんでしょうね。面白いなって思います」

この後も、恋人・椋木蓮選手の名前を再び声にしたり、ブライト選手に期待の言葉をかけたりと興奮冷めやらぬ大谷でした。 
(尾関)
 
ドラ魂キング
この記事をで聴く

2021年10月11日17時20分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報