ドラ魂キング

自ら「衝撃映像ですね」…ドラゴンズ木下雄介が目指す「復帰投手第1号」

『ドラ魂キング』水曜パーソナリティの宮部和裕アナウンサーが綴る、中日ドラゴンズのコラム。

開幕一週間前、ドラゴンズファンは、過去に例を見ないアクシデントを目の当たりにした。
近未来の守護神へ向け、すでに開幕一軍の信頼を得ていた木下雄介投手。そのオープン戦最終戦、仕上げともいえるマウンドで、悲劇は起きた。マウンドでまさに渾身の快速球を投げた瞬間の右肩脱臼。うずくまった。
私(宮部)は放送席でスコアを付けていたが、一切の音がなくなり、時が止まったようなドームの空気を初めて感じた──

[この番組の画像一覧を見る]

―どうして野球の神様は、彼に試練ばかりを与えるのか。

彼は昨年も充実の沖縄キャンプ最終日、そのラストの練習メニューで足を大ケガ。なんでいつも、最後の最後で…

正直1週間たっても、ショックは和らがない。ドラゴンズファンの皆さんの心配もいかばかりだろうか。しかし、現実の症状を踏まえ、一番前向きに進もうとしているのは、木下投手本人だ。

先週水曜の『ドラ魂キング』内、おさらいドラゴンズのコーナーで、彼が言葉にしてくれた心境と、リスナーへのメッセージをお伝えした。

「今回はちょっと大丈夫じゃないかも、です。あれは、自分でも衝撃映像ですね。でもやれることはやっていきます!肩は、当日の夜、はめていただきました。ただ、肩の脱臼は初めてで、こんな痛いと思わなかったです」
「投手の脱臼というのは、復帰は厳しい、と言われてますが、それなら、自分が第1号になります。
全然有名じゃない選手のボクに、あの日からファンのから本当にたくさんのメッセージやSNSでの励ましの言葉を頂いて、頑張ろうって気持ちになりました。感謝しかないです。

とにかくただ復帰するんじゃなくて、今よりさらにレベルアップして、クローザーは木下しかおらんやろ!って、周りに認めてもらえるぐらい、怪我前より成長できるように、これからの時間を大切にしていきます!」

そして最後に力強く。

「乗り越えられない試練はないと思うので、この試練も乗り越えます!」

そう、かつて取材し記事にもしたが、彼はこれまでいくつもの試練を乗り越えてきた。全く非のないお父様の交通事故死の時もそう。
だからこそ、できる。彼なら、できる。

自ら衝撃映像と語ったあのマウンドで、一人目の打者を打ち取った時に見せた、渾身の150キロ快速球を、ドラゴンズファンがもう一度、目の当たりにできることを信じて。
燃えよ!ドラゴンズ!
宮部和裕
CBCラジオ『ドラ魂キング』水曜(16時放送)他、テレビ・ラジオのスポーツ実況担当。生粋の元少年ドラゴンズ会員。早大アナウンス研究会仕込の体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。

 
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報