ドラ魂キング

「根尾よ、このままでは終わってしまうぞ」今中慎二の言葉と根尾昂の覚悟

ドラゴンズ根尾昂選手は、周囲からの熱視線を受け続け、ずっと、頑張っている。

沖縄Agreスタジアム北谷での早出特打は、全体スタートよりはるかに早く、早朝7時台から続けている。そもそも3年前の新人入寮から、昇竜館での朝食前のマシン打撃は5時起床で頑張っていると聞く。

しかし、頑張るとは、『頑(かたく)なに、張る』とも受け取れる。いくら己を貫けても、プロは結果だ。

気づけば早やプロ3度目の沖縄春季キャンプ。そんな根尾選手を、同じ大阪桐蔭高校の大先輩、今中慎二さんはこう語った。

「このままでは、終わってしまうぞ。今年やらないことには、先が危うくなる。終わってしまうぞというほどの覚悟で変えないと。高卒プロ入りといっても、あっという間。どんどん新しい選手が入ってくる。石川昂に今年のルーキー達。周りの目移りは早く、存在感は薄れていくよ。だから、今年に期待している」

(文・写真:CBCアナウンサー宮部和裕

[この番組の画像一覧を見る]

理屈ではない、現実の姿

もちろん、これまでの根尾選手が、聞く耳を持っていなかったわけでは、決してない。しかし、今季は明らかに、周囲からの眼以上に、彼自身に変革が起きている。 

昨年まで、一軍では内角への厳しめの球を“受けて“しまっていた。一軍のスピードとパワーについていけなかった原因は、理屈ではない。

1月の大島洋平選手に教えを求めた自主トレ。チームリーダーに呟かれたひと言が、頭から離れない。

「身体、弱いな」と。

確かに、負荷をかけたトレーニングで、これまでハーフスクワットは何度でもできた。しかし、周平先輩たちが黙々とこなすフルスクワットになると、ハーフと同じ重さをしっかり上げ続けることができない現実。
 

根尾昂の変革

ただ、根尾選手は、受けた言葉を引きずるだけの男ではない。彼自身の言葉に、具体性が伴ってきたのだ。

「全ての“1”を大事にします。普段の打撃練習での1球目。つかんだ1度目のチャンス。そして実戦第1打席の1球目」

先日の紅白戦。1番ショートスタメンの根尾選手は、先発笠原投手が投じた1球目を振りにいってセカンドフライ。結果も大事。ただ、それ以上に、1球目からの勝負にタイミングの手ごたえも掴みつつあるようだ。

「去年の今頃よりタイミングをとることはできているので、そこを突き詰めてやっていきたいです」

彼の必死のもがきを、与田監督もしっかりと見ている。

「根尾の良さが出てきている。あまり考えすぎて、持ち味をなくしてしまわないように。チーム全体としては、根尾の成長が、他の選手たちに危機感を生んでいる」
 

大先輩からの期待

そして、冒頭の今中さんの思い。高校の先輩後輩というのは、本当にいい。ドラゴンズブルーのユニフォームを着る時代こそ違えども、変わることのない、後輩への愛情。

「あいつは、試合で使われるとなれば、結果は残せるよ。良い意味での安心は、成長を生むから。ただ、競争、また競争、となると苦しいからね」

もちろん、そんな手形はないとわかっている、かつての同じ高卒ドライチ、孤高のサウスポーの本音。

でもね、と今中さんは続ける。

「京田の守備は越えられんよ。だからこそ、争えばチーム全体のレベルが上がる。そこそこのAクラス争いではなく、優勝のために必要なこと。そもそもレギュラーと言ったって、サード周平ですら、完全にはどうなのと。固定の意識では、チーム力は上がっていかないよ」

さあ、沖縄キャンプも打ち上げへのカウントダウンが近づいた。チームと根尾選手自身のために、そして応援してくれる多くの人達のためにも、この男をこのまま終わらせてはいけない。燃えよ!ドラゴンズ!!

CBCアナウンサー 宮部和裕
CBCラジオ『ドラ魂キング』水曜午後4時放送他、テレビ・ラジオのスポーツ中継担当。生粋の元少年ドラゴンズ会員。早大アナウンス研究会仕込みの体当たりで、6度目の優勝ビール掛け中継を願う。
 
ドラ魂キング
この記事をで聴く

2021年02月10日17時25分~抜粋

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報