ドラ魂キング

大野雄大育ての親、今中慎二さんが語る「あいつは珍しい男」

11月23日、今年の沢村賞が発表され、中日ドラゴンズの大野雄大投手の受賞が決まりました。

CBCラジオ『ドラ魂キング』で毎週水曜日を担当する宮部和裕アナウンサーが、野球解説者の今中慎二さんの大野投手に関するエピソードを紹介します。

[この番組の画像一覧を見る]

10完投6完封、本当にすごい

7年連続Bクラスという、負の歴史を見事に断ち切った立役者、大野雄大投手。しかし、かつて投手コーチを務めた今中慎二さんは、冷静に語る。

今中「あいつは、相変わらず開幕のスタートダッシュは良くないが、その後、一気に覚醒したね。自信を持てば、人は変われる!そこに尽きるね。だって、一球一球は、去年と何も変わらない。スピードがアップしてるわけでもない。ただ、ひとつ言えるのは、コントロールの不安がなくなったことが、自信に繋がったね」

「確かに、ツーシームに頼り過ぎない配球が決まりましたね?」と宮部アナが聞く。

今中「いや、カッコつけてコーナーコーナーで抑えよう、とかがなくなっただけ。意表を突いた内角がたまたま決まるのもイイけど、だいたい抑えているのは、真ん中近辺ですよ。

今季の雄大の10完投6完封、これは本当にすごい。これも、どんどんストライクを投げることが出来たから。そうすれば、打者は振ってくれて、空振りや凡打にできる。そうじゃないと、球数を抑えることができないですよ」
 

練習量のすごさ

「球数」で思い出す、今中さんと大野投手の師弟関係。

2012年秋、阿久比球場での秋キャンプ。プロ2年目オフの大野が、古傷の心配なく鍛えに鍛え抜かれて、今があるといっていい。今中さんは当時を振り返る。

「あいつは珍しい男ですよ。根っからの投手なのに、投げることがそれほど好きじゃない。お前、ピッチャーなのにどうゆうことやと。ただ、俺は現役時代に嫌いだったランニング。俺は途中で近道してよくコーチに見つかってた。でも、雄大は嫌いじゃない」

さらにすごいのは「練習量」とのこと。

「どれだけやらせても、へこたれない。何やっても疲れない。潰れない。じゃあ、なぜ、そのスタミナがピッチングに活きないんだと。あいつに何かを教えたというより、そこからやったね」

投手の基本であり、昨今議論されがちなランニングの量と質。
しかし、それが投げるスタミナとなり、まさに、今季の完投完封劇に、見事に繋がっているではないか。
 

孤高のサウスポー、かく語りき

また、師匠今中元コーチは、肝心なブルペン投球についても、彼の性格を把握した上で、管理でも放任でもなく、追い込みつつ伸ばした。

「いいから毎日投げろ!ではなく、4日間で合計400球は投げなさいと伝えたね。キャンプの1クールで400球ずつ、そうすれば、1か月で2000球近くになるからね。
それと、毎日いちいち言ってたら、彼自身の成長はない。自分で考え、シーズン中を想定しろと。先発ローテの投手は、毎日試合で投げないよ」

とは言え、週に一回先発したら100球は超える。練習で150球投げ込んでいても、試合ではの100球程度のこともあるという。

「あと、いわゆるブルペンというのは、コーナーに投げられても、自信にはならない。自己満足でしかないんよ。それを試合にどう活かすか、想定でしかない。そもそも雄大は、ガッチガチの管理を一番面倒くさがるタイプやからね」

かつて孤高のサウスポーと貴ばれた今中さんは、1993年には最多勝と沢村賞を受賞した自身の姿を重ねる。
 
そして、ドラゴンズファンにとって今オフ最大の喜びは「大野残留」だろう。
これをチームとして「大野効果」に変え、Aクラス万歳!ではなく優勝するためには、カギは、木下拓哉捕手だと、彼を推す。

「大野先発の時も、援護打撃、肩、捕球と貢献できた。ただ、大野がイイ日は、捕手はだれでもいい。むしろ、大野のおかげ。でも問題は、若い投手やその日調子の悪いピッチャーをどうリードするか。大野との勝ち試合での学びを大野以外の日にどう活かすか。難しいよ。球種も球威も全く違うから。それができてレギュラーキャッチャーですよ」

出てこい、若き投手。大野アニキの弟分!小笠原に柳、梅津投手ら。
そして野手も。「優勝できなければ、2位も6位も一緒」と言い切り、黙々と打撃練習に打ち込む京田選手会長ら。

私も、実況アナウンサーとして、「真面目にヤンチャなエース!」と中継や番組で叫び続けて、はや数年。

「ボクはおだてられたら、どこまでも登っていきますよ」

こう笑っていたかつてのヤンチャ左腕は、“沢村賞”という最高の栄誉を受けた。

来季、さらなる高みへ登り続ける姿を実況し続けたい。
燃えよ!ドラゴンズ!
宮部和裕CBCアナウンサー
 
関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報