19試合連続無失点の中日・藤嶋健人投手、好調の秘訣はオシャレなアレ?

ドラ魂キング / スポーツ

8月28日放送の『ドラ魂キング』に、こんなおたよりが寄せられました。

「藤嶋(健人)投手、リリーフとして無失点ピッチングが続いていますね。何か秘訣みたいなものはあるのでしょうか」(新潟県・Aさん)

この日まで、なんと19試合連続の無失点!

年明けの2度の手術、沖縄キャンプに参加することもできなかった藤嶋投手ですが、しっかりと身体を作りリハビリを経て、現在最高のリリーフピッチングを見せています。

そんな藤嶋投手の好調の秘訣について、宮部和裕アナが解説します。

「田尾安志モデル」の使い心地

バッド、グローブ、スパイクなどなど、他のスポーツに比べて多くの道具を必要とする野球ですが、「藤嶋投手は、グローブがめちゃくちゃオシャレです」と宣言する宮部アナ。

プロ野球選手は、皮の材質、大きさ、重さ、ボールを受ける「ポケット」という部分の深さや感触など、自分だけのこだわりのグローブを作るために、シーズンオフにメーカーに発注します。

メーカーが出してきたいくつかの候補を、選手はキャンプなどで試し、最も気に入ったグローブを1年間大切に使うのです。

宮部アナがこどもの頃使ったことがあるのは、スポーツメーカー・ミズノが出していた「田尾安志選手のプロモデル」。

外野手だった田尾さんのグローブはとても長く、フライをキャッチしやすいものだったと振り返ります。

「でも長すぎると返って使いにくかったりして。『プロはすげぇなあ』なんてことを、そこでも憧れるんですけれども」と回想する宮部アナ。

「なんか彼のグローブ光らんな?」

ある時、藤嶋投手のグローブをテレビで見ていた宮部アナは、あることに気づきました。

通常グローブの表側は、ツヤツヤした硬めの皮。
ところが藤嶋投手のグローブには、ツヤがありませんでした。

実は藤嶋投手のグローブは、オシャレなベルベット調だというのです!

この意外な展開に、「えっ…」と思わず思考停止する山内彩加アナ。

宮部「秋冬に着る、あのオシャレな…」
山内「モフモフしたカーテンみたいな?」
宮部「そうそうそう!それそれそれ」

テレビを見て「なんか彼のグローブ光らんな?」と思った宮部アナは、練習の合間を見つけて直撃取材を敢行。

藤嶋投手は「カワイイでしょ?オシャレでしょ?」と、ベルベットグローブを見せてくれたそうです。

19試合連続無失点の秘訣、「艶消しの黒」にあり

「僕が知る限り、始めて見ましたね、プロ野球選手が。すんごいおしゃれな、艶消しの黒!」

宮部アナは、藤嶋投手のグローブを大絶賛。

「これが、リリーフ投手として19試合連続無失点の秘訣でございます!」と断言しました。

「もちろんですけど、ボール受ける側は普通の皮ですからね。そこはお間違えのないように」と、リスナーに促す宮部アナでした。

藤嶋投手のリリーフ無失点記録。
ベルベットグローブの後押しで、この後もぐんぐん伸びることを期待しましょう!
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年08月28日17時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×