ドラゴンズまさかの敗戦も、京田選手が見せた「1人時間差走塁」

ドラ魂キング / スポーツ

7月24日放送の「ドラ魂キング」、1分ちょっとで前日のドラゴンズがわかる「リプレイドラゴンズ」のコーナー。

7月23日(火)、ドラゴンズはマツダスタジアムでカープと対戦し、残念ながら延長10回、5対6で逆転負けしました。

勝ち投手はフランスア(6勝3敗)、負け投手は祖父江(2勝3敗 )。

9回の3失点で同点に持ち込まれ、10回に悪夢のサヨナラ負け。

惜しくも敗戦となってしましたが、その中でもキラリと光った選手のプレーを紹介します。

見事なバントと走塁

「5対1で勝ってて、そこでラジオを切って他の用事をやってたなんて人。最後ビックリしたと思うんですけどね」と、ぼやく宮部和裕アナ。

4回表のドラゴンズ。
逆転してなお、ワンアウト1,3塁のチャンスで、打席には最初からバントの構えの大野雄大。

高田寛之アナの実況です。

「バットを短く持つ大野雄大、1球目投げました。バントしました!ボールをキャッチャーが取った。そして3塁ランナーホームに突っ込んでくる!ファーストから送られたボールが逸れているー!京田生還!京田がセーフになりまして3対1!」

「この辺りはね、攻めるぞいろいろやってくるぞ!レベルの高いドラゴンズ。ナイス走塁!」と、ワクワクだった宮部アナ。

見事なバントと3塁ランナー京田選手の好判断が、見事な得点シーンを演出しました。
 

立浪さんは「バンド」派

「彩加さんね。送りバントというのは、自分がアウトになってもランナーを進めるという野球独特の考え方」と、野球初心者の山内彩加アナに説明する宮部アナ。

自分がアウトになって他を生かすというシステムは、サッカーやバスケットなどその他の球技には存在しません。

宮部「野球ってすごく特徴的だと思うんですよね」
山内「自己犠牲なんですね」

ここで、「細かいんですけど」と宮部アナ。

「立浪(和義)さんが、あのスマートのお顔立ちで、『バンド』っていうんですよ。バンドって、結構年配の人がいう言い方なんですけど」

と、プチ情報を挟みこみます。

「あの顔で『バンド』って必ずいうのが、僕ギャップですごい好きなんです」
 

3塁にランナーがいる時

「3塁にランナーがいる状況で考えられるバントは、幾種類かある」と、解説を続ける宮部アナ。

宮部「スクイズバント。ピッチャーがボールを投げた瞬間、3塁ランナーはホームに向かってスタートを切る。だから早くホームに付きやすい」

しかし、バントしたボールをしっかり転がさないと、3塁ランナーが飛び出してしまいアウト、という最悪の自体を引き起こすリスクもあります。

宮部「もう1つは、セーフティースクイズ。ピッチャーが投げた時3塁ランナーは少しリードしているまま。バッターがバントをきっちり決めた、『よっしゃー!』と同時にホームに向かうというセーフティなバントスクイズ」

こちらは、スクイズに比べるとスタートが遅れるため、相手守備の判断が早いとホームでアウトになってしまう可能性があるのです。
 

「負けるわけないと思ったんですよ」

しかし、23日の状況はこのどちらでもありませんでした。

宮部「1塁ランナーを2塁に送るためのバントと見せかけて、キャッチャーがバント処理をして。『1塁に投げたー!』っていう瞬間に、3塁ランナーの賢い京田選手が、その瞬間ホームに向かうという」

これを「1人時間差」と名付けた宮部アナ。

宮部「レベルの高い走塁が決まって、京田選手よく見とったなと」

この場合、コーチがゴーサインを出してからではとても間に合いません。
京田選手自らの判断で行ったプレーです。

「あんなのが決まった以上ね、負けるわけないと思ったんですよ」と、宮部アナはとにかく納得がいかない様子。

ドラゴンズは昭和46年以来、48年ぶりの4試合連続の1点差負けとなってしまいました。
不名誉な記録がこれ以上伸びないことを祈りましょう。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年07月24日16時12分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×