日本一見切れる!UNISON SQUARE GARDENのベーシストに大注目

ドラ魂キング / エンタメ

『ドラ魂キング』、山内彩加アナが最近行ったライブの中から、おすすめのアーティストを紹介する「山内彩加のライブな話のコーナー」。

6月19日の放送では、スリーピースロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN」を取り上げました。

大人気の楽曲「シュガーソングとビターステップ」に乗せて、「UNISON SQUARE GARDEN」の魅力に迫ります。

ライブで暴れ回るベーシスト

「マジソン・スクエア・ガーデンならよくプロレスの中継で見ましたけど」と、おやじギャグを炸裂させる宮部和裕アナに、「ちょっと何言ってるからよくわからない」とサンドウィッチマンばりに返す山内。

男性3人組の「UNISON SQUARE GARDEN」。
もちろん名前の元ネタは、宮部アナの言うとおり、ニューヨークのスポーツアリーナ「MADISON SQUARE GARDEN」です。

宮部が「誰かの打席テーマ曲?」と勘違いしてしまったこの「シュガーソングとビターステップ」は、約4,550万回という驚異の再生回数を記録した曲です。

「UNISON SQUARE GARDEN」のライブで、山内が「ものすごい!」と思ったポイントは、「日本で一番見切れてしまうベーシストがいること」。

激しすぎることで有名なベース・田淵智也さんのプレイについて、「舞台の袖に出ちゃったり、とにかく暴れ回りながら演奏するんです」と説明する山内。
 

ライブの醍醐味

山内「すごいんですよ、ヘドバン(ヘッドバンギング)をしながら足をパーンと」
宮部「ヘドバンって何ですか?ヘッドバッド?」

またしてもプロレスの話題に持ち込もうとする宮部を、もはや完全にスルーする山内。

山内「頭を前後ろに振ります、足をあげます、くるくる回ります」
宮部「そんなんで弾けるんですか?」
山内「完璧なんです」

超人的な動きをしているにもかかわらず、手元は完璧なベーシスト田淵さんのパフォーマンスは、UNISON SQUARE GARDENのライブにおける見どころの一つです。

曲を聞いてるだけでは田淵さんの動きは想像することができないため、UNISON SQUARE GARDENのライブには「見なきゃわからない生の面白さがある」と力説する山内。
 

意外すぎる正解に納得

今回も恒例、山内による「どうでもいいクイズ」のお時間です。

「ユニゾンのライブには、他の人のライブとちょっと違う驚くべきところがあります。一体なんでしょう」

1.MCが一切ない!
2.ライブのルールがない!
3.小さなライブハウスでやる!

「えー!」と一瞬考えた宮部でしたが、「そんだけ暴れるんだから、2番のルールなし!」

ピンポーン!宮部、見事正解と思いきや?

「でも、今回は全部正解なんです」と、山内から意外な一言が飛び出しました。

「MCもない!小さなライブハウスでやる!これも全てユニゾンがモットーとして掲げていて、さっと曲を全部やって、アンコールもさっと終わらせて。ライブも好きなように見てくださいっていうような自由~なライブなんですよ」

宮部「面白トークなしで暴れまくって終わり!」
山内「でもラジオとか出ると、めちゃくちゃしゃべるんですよ」

「そのギャップがー」と思わず納得の宮部でした。
(minto)
 
この記事をradikoで聴く

2019年06月19日16時23分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×