開幕投手を務めた中日・笠原祥太郎、意外に庶民的な金銭感覚

ドラ魂キング / スポーツ

「超ド級、スポーツエンタ」と銘打った情報番組として、4月から生まれ変わったCBCラジオの『ドラ魂(だま)キング』。
金曜日は『サンデードラゴンズ』(CBCテレビ)でもおなじみだったコンビ、若狭敬一アナウンサーと柳沢彩美アナウンサーが担当します。

もちろん、従来どおり中日ドラゴンズの情報を伝えるのですが、その中でも「ディープブルーな見方」コーナーでは、特に他では伝えないようなディープなドラゴンズ情報を伝えています。

ドラゴンズファンの王様

金曜日は「ドラゴンズファンの王様」で、かつて他のドラゴンズ番組でも放送されていた、伝統あるクイズコーナーです。

リスナーと柳沢アナが電話で直接対決し、リスナーが正解した場合は賞品がプレゼントされるという企画ですが、長年出題の難易度が高く、正解者はまさに「ファンの王様」を名乗っても不思議ではない伝統のクイズとして親しまれています。

今回柳沢アナと対決するのは、9歳からドラゴンズファンという、ファン歴の長いAさんです。

そして、記念すべき初回の問題はこれです。

「開幕投手を務め、4月5日の先発投手でもある笠原祥太郎が好きな"おにぎりの具"は何でしょう?」
 

難問と思いきや…

これはいくらファン歴が長くてもわからない問題です。

交互に解答権が与えられますが、まずはノーヒントで、先攻はAさんからです。

Aさん「えーっ?…塩こんぶ」

しばらく間が空いた後、「ピンポン」の音が。なんと一発正解!

柳沢アナの出番がないままとなってしまい、Aさんもまさか当たるとは思っていなかった様子。むしろ、「もっと若狭さんと柳沢さんと話をしたかった」と残念がっていました。

若狭アナも「ちょっと待ってください。このコーナーで一番恐れていたことが起きてしまいました」と驚き。

一発正解だと賞品の金額が上がってしまうことになり、また、お互いに答えを出しあうラリーもないという、クイズの醍醐味も失われてしまう展開になってしまいました。
 
ちなみに正確な答えは「こんぶ」なのですが、さすがに正解だけを発表して終わるわけではありません。

実際に若狭アナが笠原投手にインタビューしてきました。

若狭アナ「なぜまた昆布ですか?」

笠原投手「昆布はおいしくないですか?コンビニとかで安いですし」

若狭アナ「えっ、プロ野球選手です。たくさんお金もらってますが、コンビニの値段気にします?」

笠原投手「150(円)だとちょっと高いなと思います。(グレードの高い200円のおにぎりだと)ちょっと手が出ないですね」

若狭アナ「昆布だとだいたい?」

笠原投手「108円とか」

若狭アナ「安いし、おいしいから?」

笠原投手「そうですね、はい」

若い選手ならツナマヨなどに行きそうなところ、実に庶民的な理由で昆布を選んだ笠原投手でした。

柳沢アナも昆布にはあまり納得していない様子でしたが、Aさんは「私も昆布が好きなので、同感です」と納得していました。賞品で昆布のおにぎりが何個も買えそうです。

残念ながら、この放送の直後に行われた試合では、笠原投手は3回で降板してしまいましたが、次回に期待です。
(岡本)
 
この記事をradikoで聴く

2019年04月05日17時13分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×