甲斐キャノンより凄い!彦野利勝絶賛のキャッチャー加藤匠馬

ドラ魂キング / スポーツ

元中日ドラゴンズ選手で野球解説者の彦野利勝さんが、2月26日放送のCBCラジオ『ドラ魂KING』に出演し、ドラゴンズの沖縄キャンプを総括しました。

松坂大輔投手の不慮の事故や根尾昂選手の出遅れなど、マイナス面が話題になってしまったキャンプですが、逆に力を付けた選手もいます。彦野さんの評価はいかに?

今年のキャンプは良い?悪い?

キャンプの良い悪いの判断は何かを尋ねる、江田亮アナウンサー。

彦野「わかりやすく言えば、怪我人が出たか出ないかじゃないですかね。特に主力に大きな怪我が出てしまうと、どうしてもそのシーズン、チーム自体が出遅れたり、戦力的にもダウンすることにつながりますので」

今年のドラゴンズのキャンプは、松坂投手の不慮の事故、根尾選手の出遅れ、とマイナスポイントから入っているようですが、そのぶん逆に若い選手たちがチャンスをもらえるシーズンでもあります。

彦野「まして首脳陣が変わったばっかり。今日(26日)でも良い結果を出してる若手の野手が沢山いました。なので、プラス材料はたくさんあるキャンプだと思います。あまりマイナスに考えなくていいと思いますね」
 

甲斐キャノンより凄いヤツがいる

このキャンプの中で彦野さんが評価する選手は誰ですか?

彦野「昨シーズンまで出てたメンバーは置いといて、それ以外で目立っているのは井領雅貴。阿部寿樹もまずまずの活躍ができてるかな。あとキャッチャーの加藤匠馬。この3人ですね」

実は加藤選手の肩が凄い、とのおたよりが何通も寄せられていました。

彦野「12球団探してもそんなにいるキャッチャーじゃない」

昨シーズン、ソフトバンクのキャッチャー甲斐拓也がブレイクして「甲斐キャノン」という呼び名が付きました。

「加藤は甲斐に匹敵する…もしかしたら超えて行くんじゃないか、というぐらいの素材を持ってます。あの肩だけでもお客さんを呼べますよ。
いまバッティングフォームを頑張ってる最中です。ちょっとでも打てるようにして一軍のキャッチャーとして頑張ってほしいですね」
 

ケガの功名

井領選手は外野手ですが、ドラゴンズの外野3人はほとんど決まっているため、そこに割って入るのはなかなか難しい状況です。
そのため井領選手は「左の代打を目指していきたい」と話していたそうですが、彦野さんは井領選手のバッティングをどう見ているのでしょう?

彦野「バットに当てる技術は凄く高い選手です。ただ、バッターボックスの中ですごく動いてる感じのバッターなんです。
ですから、来た球にもの凄く飛びついて打ってしまうような感じ。だからもったいないなっていうのがありました」

昨年5月には怪我をした井領選手。そのためか、今は凄く落ち着いて丁寧にやっているように見えるそうです。

彦野「元々バットに当てる技術は持ってるので、いまその部分が非常に良くなってる。だからヘンな凡打も少ないんじゃないですか?」
 

第4の外野手を目指せ

井領選手の「代打を目指す」という発言には…。

彦野「代打は目指さない方がいいですよ。長いシーズン、万が一があります。その時にポンと出れる準備はずっとしておかなきゃいけません」

今まで、その万が一の場面では藤井選手の名前が出てきていました。
藤井選手と争えるぐらい守備も万全にするべきだ、と言う彦野さん。

彦野「私もそうでしたけど、どうしても代打と思ってしまうと、守備がおろそかになるんですよ。まだまだ若いですから、そうなってほしくないので、4番目の選手って言い方も変ですが、すぐレギュラーに取って代われる位置を目指してほしいです」
 

楽しみなシーズンになる

彦野「うまくスタートが切れたらファンの人たちは良かったと思いますし、当たり前ですけど、チームとして成績が良ければ、良いキャンプを過ごせたわけです」

あとはシーズン中に大きな怪我人が出ないことが、良いキャンプを過ごせたかの判断基準になるそうです。

彦野「これから見ててください。きっちり練習してましたので、そんなに心配することはないと思います。いま出遅れてる人たちが帰って来れば、戦力としてまた上がってくるわけですから、楽しみなシーズンになると思いますよ」

このように力強く語りました。 
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2019年02月26日18時32分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×