荒木雅博が語った、あの「アライバコンビ」の秘密

ドラ魂KING / スポーツ

今シーズンで選手を引退した中日ドラゴンズ二軍内野守備走塁コーチの荒木雅博さんが、12月11日にCBCラジオ『ドラ魂KING』に出演しました。

現役時代に鉄壁の守備を誇った井端弘和さんとの「アライバコンビ」のこと、コーチとして見る今後の中日について語りました。聞き手は高田寛之アナウンサーです。

荒木さんの優しさ

「荒木さんは非常に気遣いの方でしてね」と高田アナ。
楽天との交流戦でのエピソードを語ります。

仙台の宮城球場のレポーター席はベンチのすぐ横にあり、雨は吹き込んできませんが、窓が開いた部屋で風が吹き抜けて6月の仙台はかなり寒いそうです。

東北放送の若手アナウンサーと二人で震えながらレポートをしていたら、試合中に関わらず、荒木さんがコーヒーを持ってきてくれたそうです。

高田「その子の分も持ってきてくれて、めちゃくちゃ感動してましたよ」
 

今だから言えること

荒木さんにリスナーから質問が寄せられました。

「ドラゴンズ一筋の現役生活でしたが、メジャー挑戦や他球団移籍は考えなかったのですか?今だから言えるけど、実は地元九州のホークスから口説かれていたとか…」(Aさん)

「僕はないですよ」と荒木さん。ではFA(フリーエージェント)権を獲った時は?

荒木「8月の早い段階で拘束されて、いろいろ話し合いをしましたが、それ以降は何もやらなかったですね」

プロ野球選手として他球団の評価を聞いてみたいと思わなかったのでしょうか?

「僕はないですね。面白くなくてすいません」とここでも気遣いの一面がうかがえました。
 

バックアップの意外な活用法

「現在のドラゴンズはここ数年低迷が続いていますが、原因は何だと思われますか?また、この現状を脱却するにはどんなことが必要ですか?そのために荒木コーチは何ができそうですか?」(Bさん)

荒木「一人一人の能力はそれなりに上がってきてると思います。あとは野球力と言うか、自分がこうやることによって次のバッターが打ちやすくなるとか、繋がりの部分を今より多く考えるようになっていかないといけないのかな、と僕は見てましたね」

現役時代の荒木さんのポジションはセカンド。ボールを捕ることも大事ですが、ファーストへ走ったりなどのバックアップが重要です。バックアップに使う労力は大変なものだと思いますが…。

荒木「あれはやっておかないと、体力がどんどんなくなっていくんですね。走り込みをしないシーズン中は特に。バックアップはランニングを兼ねてましたね」
 

アライバコンビの秘密は?

「荒木さんの名シーンというとアライバコンビによる二遊間の華麗なグラブトス、連携プレイの数々です。あの一瞬の流れでどれだけのピッチャーが助けられたことか」(Cさん)

センターに抜けそうなセカンドゴロを荒木さんがバックハンドで捕り、振り返って一塁送球はちょっと難しいので井端さんにグラブトス。井端さんが一塁に投げてアウトにするという華麗な流れでした。

荒木「あの頃、まだスピードがありましたので、あの形で捕ってしまうと、もう投げれなかったんですよね」

打球には追いつくものの勢いがありすぎて、振り返っての一塁送球は無理だったそうです。

「ここ3~4年は全然止まれましたもんね」とスタジオを笑いに誘う荒木さんでした。

荒木「さっき話したことと一緒です。僕がこうすると楽になるというところに井端さんが考えていてくれるわけです。そこに僕はトスするだけですから。そうやってチームプレーはできていくんだと思います」

あの連携プレーは練習ではやったことがないそうで、その場の判断なんだそうです。
 

アライバって何だ?

高田「荒木さんの引退会見の時に、井端さんについて『ライバルでした、この人に負けたくないと思ってやってました』と話していたのが凄く印象に残ってるんですよ。
プロのチームワークって、仲が良いとかそんな甘っちょろいもんじゃなくて何か凄い深いところ見た感じでしたね」

荒木「ただ単に仲がいいのとチームワークとは違います。お互いがお互いをライバル視して、でも試合になったら勝つためにみんなで動くっていう、そのメリハリがあるんです」

荒木さんは、試合に出だした頃から、井端さんの守備の動きをずっと見ていたそうです。

荒木「一球投げるごとに、どこかな?と思って見てたので、それで多分、勝手に身に付いたんだと思いますけどね」

コミュニケーションを取るとか、そんなレベルの話ではない?との質問には、「ちょっと違いますね」と即答する荒木さんでした。
 

守備への自信はなかった

「鉄壁の守備を誇った荒木さんですが、いつ頃から守備に自信を持てるようになりましたか?」(Dさん)

荒木「守備には走る、守る、打つの3個の項目があるんですが、最後まで一つも自信を持って野球をやったことはないです。だから練習したんでしょうね。

自信を持っていたら、もっと早いうちに終わってたかもしれないですね。現役生活が23年なんてありえなかったと思います」

最後まで理想を求めていた荒木雅博さんでした。
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年12月11日18時31分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×