イクメンデビューの中日・高橋周平、プロポーズも直球勝負?

ドラ魂KING / スポーツ

中日ドラゴンズの高橋周平選手が12月6日放送のCBCラジオ『ドラ魂KING』に出演しました。

こどもが生まれたばかりの高橋選手、趣味のゴルフから果ては恋愛相談までリスナーの質問に答える中で、プロポーズの話題まで飛び出しました。

イクメンデビューは上々の滑り出し

「先月にお子さんが生まれたばかりですが、子育てはどんな感じですか?また理想のパパ像はありますか?」(Aさん)

高橋「子育てって言うよりも、まだちっちゃいんでね、あんまりやることないですけど2回おむつ替えて、お風呂に1回入れた」

お子さんは10日前に産まれたばかり。ちなみに女の子です。

10日で2回のおむつ替えと1回のお風呂なら、パパとしては頑張っているのではないでしょうか?シーズンが始まると子育てもなかなかできなくなります。

高橋「できる時にできることをやっています。世の中のパパはもっとやってると思いますよ」

「結婚してよかったな、奥さんがいて本当にありがたいな、と思う瞬間はどんな場面ですか?」(Bさん)

高橋「シーズン中もご飯作ってくれたりとかね。当たり前のことが、やっぱ自分一人だとなかなかできないんです。一人だったらきついと思いますよ」

当たり前のことをちゃんとしてくれる奥さんに感謝している高橋選手です。
 

恋愛アドバイスも初登板?

そんな高橋選手に、15歳の中学3年生からこんな質問が…。

「私は今好きな人がいます。高橋選手なら何と告白されたら嬉しいですか?」(Cさん)

高橋「僕は告白されたことないです…」

中学時代はもっぱら告白する方だったそうです。
そんな高橋選手ですが、Cさんへは「ストレートに『好き』と伝わるようにね、言ったらいいんじゃないですかね」とアドバイスを送ります。

プロポーズはフォークボールで

「差し支えない範囲でお願いします。奥様へのプロポーズ。いつ、どんなシチュエーション、どんな言葉だったんでしょう?」(Dさん)

「わあ~、きつい~!」と間髪置かず悲鳴を上げる高橋選手。

高橋「さっき『ストレートに言った方が良い』って言った自分が、ストレートに言ってないって言うね…」

急に声が萎む高橋選手ですが、ストレートではないとすると、かなりの変化球を投げたわけでしょうか?

高橋「かなりっていうか…もうフォークボール、フォークボール、フォークボール!みたいな。全然プロポーズらしいプロポーズじゃないですよ。もう僕がテンパってダメでした」

落ちるボールで、なんとか奥様を口説き落とした、というところでしょうか。
なんとか言いたかったことは伝わったそうですが…。

高橋「まあね、あんまり思い出すと笑えてくるんで…やめたほうがいいと思いますけど」

はぐらかす高橋選手でした。
 

マイブーム

「最近のマイブームはありますか?」(Fさん)

「ゴルフの動画を見る」と答えた高橋選手、実はこどもが産まれた日も、選手会でプレーしていました。
報せを受けて急いで帰っていった高橋選手を見て、取材陣は何事かと騒然としたそうです。

高橋「ゴルフ上手くなりたいなと思って。すごいイメージしてるんですけど。いざプレーしてみると、全然ダメですね」

野球とゴルフは全然別物だそうです。
140キロ以上で飛んでくる球を打つ野球選手にとって、止まっている球は簡単に打てそうですが…。

高橋「普通に考えたら難しくないと思うんですけど、う~ん、難しいですね」

現在のスコアはおよそ100で、一番面白い時期だそうです。
でも、自主トレのことを考えると、そろそろゴルフも行きづらくなってくるのでは?

高橋「そうですね。まあ、まだいけるでしょう」

子育てにゴルフとプライベートが充実している高橋周平選手、来シーズンはさらなる飛躍が期待できそうです。
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年12月06日18時31分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×