中村武志が女なら惚れる、中日・加藤匠馬の異次元の肩

ドラ魂KING / スポーツ

中日ドラゴンズバッテリーコーチの中村武志さんが、11月27日放送のCBCラジオ『ドラ魂KING』に出演しました。

かつての同僚で野球解説者の彦野利勝さんも交えて、キャッチャーというポジションについて語りました。
まず話は、肩は強いがなかなか一軍に定着できない加藤匠馬選手のことから。

女なら惚れる肩の強さ

まずはリスナーからのこんな質問。

「加藤匠馬選手のことは高校時代から知ってます。加藤バズーカと報道されてましたが、あの頃からすごい肩でした。中村さんから見てどうなんでしょうか?」(Aさん)

中村「僕も長く野球やってますけど初めてですね。あの肩の強さは。もう女だと惚れますね。ちょっと次元超えてます」

中村さんの現役時代にも古田敦也さんや谷繁元信さんなど凄いキャッチャーがいましたが、加藤選手にはそういった捕手とは別の凄さがあるそうです。

中村「キャッチャーの姿勢から投げられるとか、いろんな問題があると思いますけど、キャッチボールだけ見てるとすごいです。ボールから煙が出てます。本当に凄いですよ」

加藤選手の肩は相当強そうです。
 

肩が強いだけじゃダメ

彦野「我々も肩の強さは知ってます。ただ、そこにいく動作とかキャッチングとかいろんなことを全部できないと活かせないし、当然、コントロールが良くないとアウトになりません。その辺じゃないですかね」

高田寛之アナも取材する側からの目線で加藤選手について語りました。

「春のキャンプでは一軍帯同のことも結構多くて、あの肩の強さは我々の間でも話題になるんですけども、一軍に定着できないのはもどかしいですね」

肩は強い加藤選手ですが、他の部分で少し足りないところがあるということでした。
 

打てるキャッチャー

レギュラーキャッチャーとしては、何試合守れるのが理想なのでしょうか?

中村「僕らの時代はフル出場して初めてレギュラーと認められました。今はキャッチャーに関しては100。今の状況だったら80試合、スタメンで出ればいいんじゃないかなと思います」

さらに100試合以上出場の場合は打撃も必要だそうです。守りだけなら80試合。打力が付いて初めて100試合以上起用されるということのようです。

中村「野球は打つに越したことはないですけど。ただキャッチャーは多少、他のポジションと比べると負担が多いと言われてますので。負担なんて僕は感じなかったですよ。声を大きくして言いますけど」

かつて巨人で4番を打っていた阿部慎之助選手をはじめ、阪神の監督になった矢野燿大さん、古田敦也さんなどは打てるキャッチャーでした。
 

勝ち方を知るキャッチャー

「ただの好奇心での質問です。中村さんが選手時代から見てきた中で、一番の名キャッチャーは誰でしたか?」(Bさん)

中村さんの答えは…

「総合的に、今回のヘッドになられた伊東勤さんは、もう雲の上の存在ですね」

中村さんの現役でも重なっている期間がありました。
伊藤さんは現役時代も監督時代も、勝ち方を知っている人だそうです。

中村「個人的な成績とかレベルは上がると思うんですけど、チームがずっと勝つっていうのは、やっぱりキャッチャーだと思うので、そういう点では本当に成績も素晴らしいし、憧れですよね」
 

厳しい伊東ヘッドコーチ

2012年から2017年まで伊東さんが千葉ロッテマリーンズの監督だった2013年、中村さんは奇しくも同じロッテでバッテリーコーチを務めていました。

中村「ロッテの時もお世話になりまして。今回もこんな偶然があっていいのかというぐらい良いことが続いてまして。
最近、飛行機に乗ったらよく揺れるので、そのうち落ちるんじゃないか心配です(笑)」

指導者としての伊東さんについては、「顔の表情も変わりますし、汗もかきますし、凄く厳しいです。他を寄せ付けないビームをビーっと出してますね」と語る中村さんです。
 

一日中ブルペン

「正捕手争いが激化すると思いますが、中村さんがこういったところを重視しながら考えていきたいというポイントがありましたら教えてください」(Cさん)

中村「キャンプ中にちょっと聞いたんですけど、あんまりピッチャーのボールをブルペンで受けてないみたいなんですよ。僕らの時代はキャンプのメニューでブルペンだけの時もあったんですよ。

いつバッティングするんだ?いつご飯食べるんだ?いつランニングするんだ?って、何もないです。ブルペンだけです」

中村さんの「いつご飯食べるんだ?」という小さなボケは誰にも気づかれずスルーされてしまいました。
ここでは「いやいや、ご飯は食べるでしょ」と拾っておきます。

中村「受ける、ボールを捕るということがキャッチャーで一番重要です。しっかりボールを捕れればしっかりボールを投げられるわけです」

春のキャンプで改善していきたいところだそうです。
 

キャッチャーと会話できる選手

またブルペンに入ると、ピッチャーとの会話もできるということです。

中村「ピッチャーとキャッチャーの会話は投げて捕ってですから。それで会話ができないとダメですよね」

試合中は野手とも言葉を使わずに会話をしていたそうです。

中村「僕と彦野さんはキャッチャーとセンターで会話してました。見えてますから」

彦野「だいたい聞こえてましたよ」

中村「本当にそうなんですよ。こっちがやりたいことを理解してちゃんと動いてくれるんですよね。センターラインはパチッと見えるので。立浪選手にしてもそうです。凄い選手と言われる人はちゃんと動いてくれてますよ」

こうしたコーチの視点が生かされれば、来シーズンの中日には本当に期待できそうです。
(尾関)
 
この記事をradikoで聴く

2018年11月27日18時30分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×