中日信用金庫プレゼンツ であい ふれあい 探検隊!!

であいふれあい探検隊♪高校野球、名監督たちの夏

[この番組の画像一覧を見る]

異例づくめだった今年の高校野球。
渦中で指導に当たられた二人の監督さんにインタビュー。

       新型コロナウイルスにより、多くのイベントやスポーツの大会が中止、ないしは延期に
     なってしまいましたが、高校野球も大変な影響を受け、例年とは全く違った形での
     開催となりました。そこで今日は、東海地方の有力2校の監督さんに由香アナが
     インタビュー。
     春の選抜への出場が決まっていたのも拘わらず、大会自体が中止となり、その救済

     措置として開催された甲子園交流試合に出場した、
     中京大中京の高橋源一郎監督

     その後、甲子園の交流試合で奈良代表の智弁学園に勝って連勝を28まで延ばし

     ました。


     県立岐阜商業の鍛治舎巧監督


      県立岐阜商業も春の選抜出場が決まっていましたが、大会自体の
     中止で5年ぶりの甲子園出場を断念せざるを得ませんでした。
     夏の甲子園中止を受けて、岐阜の高野連も独自大会開催を決定したんですよね。
     学校の先生、生徒さんにコロナ陽性患者が出てしまい、独自大会辞退。
     そんな中で、甲子園交流試合を迎えます。
     ホームランを打てというサインのエピソード
     鍛治舎監督自身、甲子園で打ったホームランがその後の野球人生を変えたので
     是非佐々木君にも打って欲しかったと、おっしゃっていました。

     由香アナの感想は・・・
     ・両チームとも選手の皆さんが礼儀正しいのにはびっくりしました。
     ・ユニホームの着方などにも厳しくて、叱られることが少なくなった若い人たちには
      凄く良い経験ですから、レギュラーになれなくても、甲子園に出られなくても貴重な
      体験ができる良いチームでした。

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報