中日信用金庫プレゼンツ であい ふれあい 探検隊!!

ヘルプマーク、いよいよ愛知県で配布開始!

WEB制作会社・株式会社オアシスの代表をつとめながら、NPO法人いのち繋ぐプロジェクトの代表をとしてヘルプマーク普及に尽力する小崎麻莉絵さん。
ヘルプマークが何故必要か?何故多くの人に知ってもらうことが重要なのか?
小崎さんの想いは・・・
「公共交通機関や街の中で“万が一”が起こった時、どこかの誰かが手を差し伸べてくれるように、手を差し伸べてくれた人に自分の障害や病気があることを伝えられるような準備は必ず必要です。
本当に大切な事は使う側も、手を差し伸べる側も、きちんとこのマークの持つ意味を知っている事。
そんな社会の実現に向けて多くの方に知ってもらえる活動をしていければ幸いです。」
地道な草の根の啓発・普及活動が実を結び・・・

いのち繋ぐプロジェクトFacebookページ

7月20日、愛知県で正式に配布がスタートされました!
名駅のタワーズガーデンで、朝8時半から開催されたキックオフ式典には、愛知県大村知事、名古屋市河村市長も打ちそろい、小崎さんも想いを伝えました!

地下鉄の中、ちょっと見回し、「ヘルプの心」
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/helpmark-aichi.html←愛知県のホームページもご覧ください。

まだまだこれからです!!

関連記事

あなたにオススメ

番組最新情報