2017年8月12日(土)

サニブラウン選手がお花を摘む?あなたの知らない隠語の世界

多田しげおの気分爽快!! / カルチャー

パーソナリティの多田しげおと、木曜アシスタント桐生順子が元気にお送りしている『多田しげおの気分爽快!!』。
桐生はオンエアのある日は、朝3時に起きるのが日課だとか。

8/10の朝、テレビをつけたら「世界陸上ロンドン大会」が行われていて、そこで気になる言葉を耳にしたそうです。

サニブラウン選手、お花を摘む

TVでは、元シンクロの選手の小谷実可子さんが、男子200m準決勝前のサニブラウン選手の様子をリポートしていました。
「ほかの選手は雨模様の天気を気にしながら、緊張した雰囲気でしたが、サニブラウン選手はお花を摘みに行ったりしてリラックスした様子でした」と。

「お花を摘みにって?えっ、競技場のそばに花畑があるの?」と、驚く多田。
桐生は「私はたまたま知っていましたが、トイレに行くという意味の隠語のようなものです」と説明します。

多田は「へえ、私は全然知りませんでした」と感心。
桐生は「スポーツの中でもそんな言い方するのかなと思って。実はこれは登山用語なんです」と、意外な由来を話します。

なぜ『お花を摘む』というかというと、女性がかがんで用を足す姿を後ろからみると、まるでお花を摘んでいるように見えることからきたそうです。

多田「なるほど。山に登ると、基本的には外で排泄するようになりますね。グループで行っていたら、直接的表現でなく、お花摘みにいってきますというのね」と納得しました。

「雉撃ってくる」が正解?

ただ「お花を摘みにいく」は、女性に対して使う隠語であって、男性の場合は「雉撃ってくる」と言うそうです。
それを聞いた多田は「それは使うなぁ」。

「小谷さん、それは『雉撃ってくる』が正解ですよ、と夜中の3時にテレビに突っ込みました(笑)」

観戦しながらテレビにひとり突っ込む桐生さんも、想像すると面白いのですが。

これに対し多田は「微妙な話になりますが、男だって大と小があって、雉撃つ場合とお花を摘む場合がありますね」

なるほど、今回、どちらが正解かはそっとしておくとして、直後のレースで、サニブラウン選手は史上最年少で男子200m決勝進出を決めました。

桐生は最後、「ステキな隠語なので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか」とまとめました。

デパートは隠語の宝庫

このトークに対し、番組にはこんな隠語もあるよと、おたよりが届きました。

「デパートの従業員の方たちも同じ隠語を使いますよ」(Aさん)

多田「デパートもお客さんの前で言いにくいことがたくさんありますね。各デパートごとにいろいろな隠語があって、デパートによっては『お花を摘む』を採用しているところもあるそうです」
桐生「でも、みんな知っていたら隠語になるかどうか、という気もしますね」

それはごもっとも。確かに気になるところです。

レコーディングしてくる!

「建設現場でのトイレ行ってきますの隠語は『段取りしてくる』と言いますよ。最近は土木女子も増えてきたので、新しい隠語もできるかも、です」(Bさん)

多田「本来の意味の『段取りして』もよく使うので、それをそのまま転用するみたいですね。トイレに行って、ひとりでじっくり段取りしてくる」
桐生「なるほど、各業界にあるんですね」。

「私たちの仲間内では、トイレに行くときの隠語で『レコーディングしてくる』と言います。レコーディング=音入れ=おトイレ。我々はいろいろな言葉を考えて遊んでいます」(Cさん)

面白かったので、他にも「トイレに行く」の隠語(別の言い方)を調べました。

お化粧を直す
一般的。タイミングを問わず自然に使える表現です。

横浜行ってくる
市外局番が”045”であることから。幅広く業界人が使っているそう。”045”=お〇ッコですね。

遠方に行く
デパートなどで使うそう。

〇番入ります
飲食店やデパートなど。業務連絡に見せかけた隠語。〇には4番や10番など、欠番になっている数字が入ることが多いそう。

隠語は言葉遊びなので、自分たちで作るのも楽しいですね。
(みず)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line