2017年10月14日(土)

名古屋都心の少彦名神社で「薬祖神大祭」を開催。

レポートドライバー / カルチャー

CBCラジオレポートドライバーの小林美鈴です。
名古屋市中区丸の内にある「薬と健康の神様」の少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)にお邪魔しました!

この少彦名神社では、10月16日に「薬祖神大祭」が行われるんです。

薬祖神大祭運営委員会相談役の高橋忠夫さん、事務局の松田ユカさんにお話を伺いました。

少彦名神社

大正4年に創建され、平成27年には100周年を迎えた少彦名神社。

祀られている神様は、少彦名命と大国主命の二神様。
病気治療や医薬の普及などに尽力された神様と言われています。

ご利益は無病息災と病気快癒!

100周年の際に、高山の宮大工さんによって社殿と鳥居を新築したそうです!

本殿には神社のシンボル、ウサギが。

現地へ足を運ばれる方は、どこにいるか探してみてください。

他にも「蒲の穂の賽銭箱」があったり…

福兎の石造も祀っています。
お参りの際にはウサギに触れてお願いしたいですね。

小さいお子さんも触れるように、低めになっているんですよ。

薬祖神大祭

今年も「薬祖神大祭」が開催されます!
10月16日の月曜日、午後2時20分から神事、3時から祭事が行われます。

神事は「調薬奉献」という、古式衣装を身にまとった調薬師が古くから使われてきた「やげん」「てつばち」といった道具を用いて調薬し、奉納します。
雅楽による生演奏もあるそうですよ。

そして、来場者には福ウサギお守りをプレゼント!

イラストのようなデザイン!可愛い~。

高橋さんとのツーショット。

他にも、お抹茶と福ウサギ饅頭のサービス、福引き、綿菓子体験コーナー、似顔絵コーナー、紙芝居もあり充実した催事内容です。
目印の看板はこちら!

皆さん是非来て下さいね~!

事務局長の奥野さんもありがとうございました!
(小林美鈴)


「薬祖神大祭」
名古屋市中区丸の内3丁目 名城小学校西側
少彦名神社

facebook twitter hatebu line

レポートドライバー

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line