2017年12月17日(日)

日本初のこどもの本専門店「メルヘンハウス」、来年3月に閉店!

レポートドライバー / Chubuネタ

CBCラジオレポートドライバーの小林美鈴です。
名古屋市千種区にある書店「メルヘンハウス」に行ってきました。

メルヘンハウスは日本で初めてのこどもの本専門店なのです。

営業企画担当の三輪丈太郎さんにお話を伺いました。

メルヘンハウスはどんな本屋さん?

メルヘンハウスは1973年に創業されました。
約3万冊のこどもの本があります。

こどもの本というのは絵本や

小学校低学年向けの本

また、小学校高学年向けの少し厚みのある本など、まさに「こどもの本」のことを指します!

「こども達に良い本を」という理念のもと経営されており、店長さんやスタッフの選りすぐりの本が置いてあるのです。

本以外にも紙芝居コーナーや…

雑貨コーナーも。

メルヘンハウスの創業者は、実は三輪さんのお父様です。
元々絵本が大好きで『ジョセフのにわ』(作・絵:チャールズ・キーピング)という絵本を探していましたが、どこへ行っても見つからず…

「なんということだ!それなら自分で仕入れてしまおう!」

ということで、自らこどもの本専門店を開いてしまったたんだとか。
実に行動力のあるお父様です。

絵本は大人も楽しめる

こどものために絵本を買う方もいれば、自分のために買う方もいらっしゃるそうです。

2階はギャラリースペース。

まるでオシャレなカフェ!

メルヘンハウスでは作家によるサイン会、お子さんと帽子などを作るワークショップなどのイベントも開催しています。

その中でも小林的イチオシイベントは「大人の絵本遠足」です。

①三輪さんの絵本についてのお話
②三輪さんと一緒に自分に合った絵本を探す
③お店近くのイタリアンでランチ

という、大人向けの絵本イベントなのです。

「絵本についてのお話」とは、例えば絵本を読み聞かせる時、読む時にどう楽しむのか?ということを話すのだそうで、イベントは毎回盛況の人気ぶりとか。

赤ちゃんから大人まで楽しめる書店、メルヘンハウス。
しかし…

来年3月末に閉店!?

ネット通販の普及、少子化の進行により、メルヘンハウスは来年3月末に閉店してしまいます…

メルヘンハウスは人との関わりを通じて、本を探し出すことを目的として営業しています。
一緒に本を探してくれる、会話の多い書店なのです。

皆さんも自分にとって、贈る人にとって最高の一冊と出会ってほしいと思います。

私も受験生の妹に贈る本を一緒に探してもらいましたよ。
妹と、そして母にも喜んでもらいました。
(小林美鈴)


メルヘンハウス
愛知県名古屋市千種区今池2丁目3-14
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜
052-733-6481

「大人の絵本遠足」は、4名以上の団体での電話予約が必要。
定休日を除く平日で三輪さんとスケジュールを合わせて開催するとのことです。

facebook twitter hatebu line

レポートドライバー

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line