2017年4月11日(火)

大谷ノブ彦が語る 今池ラブストーリー

大谷ノブ彦のキスころ / Chubuネタ

日本一魅力のない都市と言われる名古屋を、徹底的に応援する大谷ノブ彦がお届けします『キスころ』。

この日も早速「ご飯を食べさせる能力は、愛知県の食べ物が日本一」と大谷は言い切ります。
例えば味噌煮込みうどん。うどんとしてではなく、おかずとして食べていると。後輩芸人を連れて、どのくらいご飯が食べられるかチャレンジしてみたら、8杯いけたそうです。

さらに味噌煮込みうどん専門店『山本屋本店』の、うすくち醤油の漬物がたまらなく美味いとしみじみ語る大谷。ご飯を食べさせる攻撃が止まりませんね。まさしく「これでも食らえ!」と言われているような。

おかずどころ名古屋

ちなみに、有名な味噌煮込みうどん店で『山本屋総本家』というのもありますが、こちらは『山本屋本店』とは全くの別会社です。本店は味噌煮込みうどん専門ですが、総本家にはきしめんや味噌おでんもあり、味付けもそれぞれ違うので、食べ比べてみるのも一興ですよ。

他にも矢場とんのみそかつなど、愛知県は豆みそ(八丁みそ・赤みそ)を使った料理が多いのが特徴。普通のみそは煮立てると味が落ちてしまいますが、豆みそは香りの変化が少なく、煮込むほどに味が食材に染み込むので、ご飯によく合うのでしょうね。

米どころという言葉がありますが、さしずめ愛知・名古屋は“おかずどころ”とでも申しましょうか。

名古屋の代表的歓楽街・今池

名古屋めしから、話は名古屋の繁華街・今池へと移ります。
今池は大衆グルメ、ライブハウス、ミニシアター、カプセルホテルなどが密集する歓楽街で、名古屋のサブカルチャー発信地のひとつです。

その今池が大谷は大好き。まず、中華料理店の『ピカイチ』。ここは、中日ドラゴンズファンが集まる聖地として有名ですが、他球団ファンも多数訪れ、バンドマンの打ち上げにもよく使われる人気スポットです。
台湾ラーメンでおなじみの『味仙』の本店があるのも今池。

そして、お気に入りのお店が『梅田屋』。1945年創業の老舗焼き肉料理店です。

鉄板にお肉と野菜を盛りだくさんに入れ、赤みそをベースにした辛いタレで煮詰める、鉄板焼き肉料理。これも、ご飯が何杯あっても足りない系ですね。
肉の種類は、基本的には豚の内臓で、ホルモン(モツ)、ハツ、センマイ、レバーなどを注文していきます。

そんな中、牛カルビもあるのですが、当然これは豚と比べると結構なお値段。
大谷は、後輩芸人や名古屋よしもと社員、DJイベントのスタッフなどと一緒に梅田屋に行くことが多く、できればカルビに手を出される前に、豚ホルモンで腹いっぱいにさせたい…なんていう自己防衛本能も働くとか。

アイ・ラヴ・ユー、 今池

ここで大谷が大好きだという、梅田屋にまつわる矢沢永吉のエピソードを語り始めます。

今の店主は二代目ですが、その母親が初代店主だった頃の話。
ある時、コンサートを終えた矢沢が、一人で梅田屋へフラッと寄ったそうです。
なんでも、矢沢は庶民的な店が好きらしく、屋台でラーメンとか普通に食べられる人なのだそう。

その時の矢沢は、ファッションとして破れたジーンズをはいていました。
あまりのホルモンのうまさに矢沢は、カルビを追加注文したところ、店主からこう注意されたそうです。

「ジーパン破けてるような子が、カルビなんか食っちゃダメ。そんなお金があるならまずジーパン直しなさい」

結局カルビは出してもらえず。すでに当時はスーパースターだった矢沢でしたが、店主は知らなかったようです。
しかし、特別扱いされなかったことが嬉しかったのでしょうか、矢沢はすっかり梅田屋に惚れ込み、次のツアーからは出演者やスタッフ全員を引き連れて打ち上げに使ったという。そんな伝説のお店なんだそうですよ。

いつ行くの?今池!

あと、大谷は大のサウナ好き。充実したスパ・サウナが揃った総合リラクゼーションスポット『アペゼ』。オリジナルのエンターテイメントサウナ、ロウリュ(熱した石にアロマウォーターをかけて生じた熱波で、温まるサウナ)で有名な『ウェルビー』。今池には魅力あるサウナも待ち構えています。
なんたって、“ウェルビー通”という、店名のついた通りがあるくらいですから。なんてわかりやすいネーミングでしょう。避難はしごの『オリロー』くらいわかりやすい。

他にも、麻雀するなら『みそのクラブ』と、今池のことを考えると止まらない大谷。最近、サブカルチャー発信地のひとつ・大須が、芸能人の間でかなり注目されてきていますが、これからは今池も要チェックですね。皆さんも今のうちに探索してみては?
(岡戸孝宏)

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line