2017年9月24日(日)

“名古屋港水族館の歌姫”ベルーガの美声を聴きに行ってみた。

レポートドライバー / Chubuネタ

みんな大好き、海の仲間たちに会える大人気スポット、愛知県名古屋市の名古屋港水族館。

今回は真っ白い身体で愛らしい表情のベルーガの話題。
最近ベルーガの一頭「タアニャ」の美声が注目されているんです。

CBCラジオのレポートドライバー清水藍が名古屋港水族館にお邪魔し、ベルーガ飼育担当の森朋子さんにお話を伺いました。

改めまして、ベルーガとは別名「シロイルカ」というクジラの仲間です。
名古屋港水族館では現在6頭を飼育しています。

主に北極圏に生息しており、脂肪も厚く少しずんぐりとしたルックス…

しかし、記憶力・応用力は抜群で、感情も豊かなんですよ。

んんんんn…かわゆい!
個人的にも大好きなんです!!

そんなベルーガ、もともと声色が豊かなため「海のカナリア」と呼ばれているんですが、中でもタアニャは色々な声を出せることで話題になっているんです。

名古屋港水族館のベルーガは、飼育員のグー・チョキ・パーの手に合わせて、低い音・ホイッスルのような音・短音と鳴き分けをトレーニング中です。

それに加えてタアニャは、飼育員の「アー」という声に真似して「アー」と返したり、「ぶりぶりぶり~」「キャー」という特徴的な声も!

数ヶ月前、飼育員が餌やりを終えて立ち去ろうとした際に「キーッ」という甲高い声を出したタアニャ。

さらに!時折低い声を出すことから、他のベルーガと比べると声の幅が広く、この才能を伸ばせないかと現在は追加でトレーニングをしているそうです。

そんなタアニャ、実はとっても気分屋さんで女王様気質。
もしかしたら、もっとご飯食べたーいという我儘な声だったのかもしれませんね。

森さんもいつも女王さまに振り回されているそう(笑)。

なおベルーガの鳴き分けトレーニングは毎日公開で行っています。
9月の日程はこちら。

スケジュールは公式サイトでも確認できますよ。
もしかしたら今後はベルーガみんなで大合唱、なんて日も来るかもしれませんね。

これからも「名古屋港水族館の歌姫」として期待してますよ!タアニャさま…
(清水藍)


名古屋港水族館
愛知県名古屋市港区港町1-3

facebook twitter hatebu line

レポートドライバー

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line