2017年9月21日(木)

平成29年日本民間放送連盟賞 CBCラジオが最優秀受賞!

CBCラジオからのお知らせ / Chubuネタ

9/21に平成29年日本民間放送連盟賞受賞作が発表され、CBCラジオ制作のドキュメンタリー番組『1/6の群像』が教養部門で最優秀を受賞しました。

日本民間放送連盟賞は、優れたラジオ番組に贈られる賞です。

教養部門最優秀番組『1/6の群像』

『1/6の群像』は、現代の「子供の貧困」を無料で学習支援を行う名古屋市の塾や、少期に貧困を経験した歌人の短歌などを通して問題提起したドキュメンタリー番組です。

<審査員の講評>
「無料塾での2年間に渡る緻密な取材と、貧困のなかにある子どもの気持ちを素直に表現した歌人・鳥居の短歌と自身による朗読が、聴き手の中で重なり合い、感動を生む」

【プロデューサー】森合康行(CBCラジオ)
【ディレクター】森理恵子(テラ・プロジェクト)
【音 効】岡田浩志(ティ・プロジェクト)・奥野賢司(CBCラジオ)・橘高良政(サウンドバース)
【ナレーション】石井亮次(CBCテレビ)
【取材協力】太田哲太郎(テラ・プロジェクト)

報道部門でも優秀受賞

合わせて報道部門でも、CBCラジオ制作のドキュメンタリー番組『最期への覚悟』が優秀を受賞しました。

『最期への覚悟』は、小さなクリニックを開業する女性医師の在宅医療への取り組みと、末期の癌を患う独居患者に密着し、独居患者を家で看取るための課題や現在の在宅医療の問題を考えるドキュメンタリー番組です。

<審査員の講評>
「女性医師のキャラクターを明るく描きながら、今の社会の問題点を突きつけてくる。動き回る出演者の声や亡くなった後の現場音を収録している取材(機動)力が凄い」

【プロデューサー】森合康行(CBCラジオ)
【ディレクター】菅野光太郎(CBCラジオ)
【音 効】奥野賢司(CBCラジオ)
【ナレーション】榊原忠美(フリー)

なお表彰は、11月7日(火)にグランドプリンスホテル新高輪で開催される『第65回民間放送全国大会』式典の中で行われます。

10月15日に受賞記念の再放送

CBCラジオでは、10月15日(日)午後6時から最優秀を受賞した『1/6の群像』を、午後7時から優秀を受賞した『最期への覚悟』を再放送いたします。

ぜひお聴き下さい。

facebook twitter hatebu line

CBCラジオからのお知らせ

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line