2017年4月3日(月)

円頓寺商店街で揚げ物買い食いの小旅行

平野裕加里とボビーの ラジオでGo!Go!Go!! / Chubuネタ

土曜夕方の新番組『平野裕加里とボビーの ラジオでGo!Go!Go!!』。
この通称「ラジGo」ではパーソナリティのボビーが街に繰り出し、おいしいものや面白い人・店などを探す「ボビーでございます!」という企画をほぼ毎週おこなっていきます。

今回お邪魔したのは、名古屋市西区の円頓寺商店街です。

名古屋を代表するアーケード商店街

円頓寺商店街は、名古屋駅と名古屋城のほぼ真ん中にある商店街。
17世紀に創建された長久山圓頓寺の門前町として発展してきました。
徳川家康により清洲から名古屋へ都市機能を引っ越す「清洲越し」の際に移ってきた商人が多かったと言われており、近くには江戸時代から残されている蔵などが建ち並ぶ「四間道(しけみち)」があることでも知られています。

今も名古屋の下町の雰囲気が残るこの円頓寺商店街ですが、昭和40年代以降は多分に漏れず衰退し、時代に取り残された感もありました。
しかし近年は若い世代の商店主、建築家などクリエイターの努力によって、新しくて懐かしい商店街としても生まれ変わっています。

ちなみに商店街の読み方は「えんどうじ」ですが、長久山圓頓寺は「えんどんじ」です。名古屋には「鶴舞」「本山」など、読みがふたつ共存している街が多いので注意しましょう。

円頓寺が食べ尽くされる?

さて番組初回となる4/1は、ボビーと平野裕加里のふたりが、YELLフィナーレイベントに出演した後、生放送までの間にこの円頓寺商店街を訪れました。栄からも意外と近いのです。

早速美味いものを探し歩き出すふたり。
一度食べたらやみつきになる「たまごサンド」でおなじみの老舗喫茶店・西アサヒの前を通ります。メニューの「鯖サンド」に目を奪われつつ、平野が気になったのは定食の名前。

「となりの丸小のメンチカツと唐揚定食」

となり?
ということでまず立ち止まったのは、西アサヒの隣にある肉の丸小(まるこ)。
まさにコロッケを揚げているところ。思わずボビーが
「コロッケ?メンチカツ?いやー、俺ハムカツがいいなぁ」
一方の平野は
「じゃあわたしはコロッケにするわ」

本来このコーナーは美味しいものを手に入れてスタジオで食べるという趣旨のようですが、目の前で出来立てのフライを見せられてはどうしようもありません。
「揚げたてはいま食べるのが美味しいもん」
と、その場でいただくことになりました。これぞThe買い食いです。

平野が食したコロッケはひとつ90円。余計な味付けをせずジャガイモだけで勝負するあっさり味です。
さて、ボビーの選んだハムカツのお味は…

お肉屋さんの揚げ物が美味しい理由

ここでスタジオに戻ります。現地でも食したものの、趣旨どおりメンチカツと串カツをお持ち帰りしてきました。
メンチカツは牛肉と豚肉の比率が7対3で肉汁たっぷり。タマネギもシャキシャキしているそうです。

ここへ丸小の店頭で購入した「太陽ソース」を取り出してボビーに勧める平野。
太陽ソースは名古屋市の隣にある清須市の太陽食品工業が製造する名物ソースです。
「うっまいなぁ」としみじみ味わうボビー。

お肉屋さんの揚げ物ってどうしてこんなに美味しいのでしょうか。
ボビーが丸小で60年揚げ物を提供しているおじさんに尋ねたところ「ラードで揚げているから」とのこと。
カラっと揚がる上に、衣の味にコクが出るので、本来何も付けなくても美味しいそうですが。

昔はどこの商店街でも買えたお肉屋さんの揚げ物。
便利なショッピングモールもいいですが、たまには円頓寺商店街まで足を伸ばし、散歩がてら買い食いの小旅行を楽しんでみてはいかがでしょう?

今後もボビーが街で美味しいもの、面白い人との出会いを求めて歩き回ります。

この記事の radiko.jp
facebook twitter hatebu line

平野裕加里とボビーの ラジオでGo!Go!Go!!

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line