2017年9月10日(日)

名古屋市にレーシングカートで全日本選手権4連覇中のスーパー小学生がいた!

レポートドライバー / Chubuネタ

名古屋市西区にレーシングカートの全日本ジュニア選手権で4連覇しているスーパー小学生がいると聞いて、CBCラジオのレポートドライバー・松本結花が会いに行ってきました。

そのスーパー小学生が6年生の野村勇斗くん。

中継も赤いレーシングスーツでバッチリきめてくれました。

勇斗くんがレーシングカートを始めたのは4歳の頃。
お父さんと一緒にお店に行きレーシングカートに出会ったそう。
それをきっかけにカートに乗り始め、6歳の頃にはレースに出始めたそうです。

ここまで簡単に書いてしまいましたが、レーシングカートはとってもスピードが出る乗り物。

座ると目線は地面からおよそ60センチ。
そして時速は100キロ、体感速度は200キロと言われています。

こんな状態で走っているにも関わらず「全く怖く」と語る勇斗くん。

普段は週1回ほどサーキットに行き練習しているそうですが、レーシングカートでバトルする、あのスレスレの感じが好きだそう。

そんな勇斗くんは現在、全日本ジュニア選手権のFP-Jrクラスで4連覇中なんです!

この選手権は小学6年生~中学3年生までが参加する全6試合のもので、ポイント制でチャンピオンを決めます。

残り2回試合があるのですが、勇斗くんは「自信あり」とはっきりと答えてくれました。
これは頼もしい!

大会最年少での参加なので、周りに大きな身体の中学生がいたら怖いのではと尋ねましたが、勇斗くんはまたしても「全然怖くない」と…。
レースで大人とも闘った経験があり、その時もなんともなかったんだとか。

なんでそんなに早いの?と聞いてみると、ひとこと。

「自信を持って走ってるから」

とこれまた自信を持って答えてくれました。
これが若き才能というものなんですかね…

そんな勇斗くんの将来の夢は、F1ドライバーになって憧れの選手セバスチャン・ベッテルとレースすること!

ベッテルは19歳にして最年少完走や最年少入賞(当時)を果たし、20代になってからも史上最年少ワールドチャンピオン・史上最年少優勝など多くの記録を作っている選手。
これは将来がとっても楽しみです。

まずは目の前にある全日本ジュニア大会に向けて頑張ってください。
応援しています!
(松本結花)

facebook twitter hatebu line

レポートドライバー

アーカイブス

同じカテゴリー

|
facebook twitter hatebu line