AKB48大西桃香、メイク男子をどう評価する?

AKB48 Team 8 今夜は帰らない / エンタメ

4月1日放送の『AKB48 Team 8 今夜は帰らない…』は西軍の登場です。
軍師である兵庫県代表・山田菜々美、奈良県代表・大西桃香、大阪府代表・永野芹佳の3人出演しました。

オープニングは大西の「私、大西桃香は…AKB48を…」と意味ありげコメント。
ですが、大西「テッテレー!卒業しません!これからもよろしくお願いしまーす」とエイプリルフールらしいドッキリ。
山田と永野もすっかり騙されたようです。

合戦コーナーの行方

毎週、東軍と西軍が同じ企画に挑戦して獲得ポイントを競い合う合戦コーナー。
今週は最終決戦です。

対決内容は、先週に引き続き、日本語で出題されたワードを英語にする企画。
制限時間内に正解した分が加算されるため、先週大差をつけられた東軍に追いつくことも可能です。

が、開始前から自信がなさそうな西軍、不安が的中してしまい、残念ながらポイントを思うように稼ぐことができませんでした。
総合獲得ポイントは東軍の勝利となり、東軍の優勝が決定しました。
 

夜のジャングルジム

ここからはリスナーからの質問に3人が答えます。

「みなさんが今思い返すと恥ずかしい、夜のテンションでやってしまったことはありますか?」(Aさん)

「確かに夜はテンションが上がるよな~」と盛り上がる3人、山田が「多すぎてどれかな」と言うほど心当たりがありそうです。

最初に恥ずかしい思い出をカミングアウトしたのは大西。
「夜、ホテルを抜け出してジャングルジムに登って、山本彩さんの『ジャングルジム』を聞きながらひたっていたことがあった」
どうやら「夜のテンションにひたりたかった」とのこと。

山田は「服を脱ぎ捨てて踊っちゃった」と3年前の謎行動を告白。最近は「大人になったのでやらなくなった」とのことですが、それ以外にも「(メンバー同士で)顔に落書きしてた」とエピソードには事欠かない様子。

おっとりキャラの永野は「皆がふざけているのを見守るのが芹佳の"任務"」とキリッとした顔を見せます。
永野は「自分からそういうことをしたいとは思わない」と山田の振る舞いをバッサリ切り捨てつつ、「けど、見るのは好き」とフォロー。山田と大西からも「せりちゃんがいると、見守ってもらっているという安心感がある」と高評価でした。
 

ヤンキーキャラを演じたい?

「最近外の舞台に出演するメンバーが多いですが、自分が出演するならどんな役を演じてみたいですか?」(Bさん)

確かにチーム8でも外部の舞台に出演するメンバーが増えていますが、先日まで舞台劇『からくりサーカス』にも出演していた大西がまず語り出します。

大西「今までやったことがない役だったら、『マジすか学園』のゲキカラみたいなキャラをやってみたい」

元SKE48の松井玲奈さんが演じたキャラクターを挙げる大西。
ドラマ『マジすか学園』の人気はメンバー内で今でも根強い印象ですが、どうやら山田も同じ気持ちだったよう。

山田「『マジすか学園』『マジムリ学園』が好きだったから、学園ドラマで喧嘩シーンをやってみたい」

永野は学園ドラマでも、一味違う「めっちゃ頼りになる先輩」に憧れているとのこと。見た目だと甘えん坊の後輩キャラのイメージがある永野ですが、「『ついてこいや~!』みたいな感じの」と、グイグイ引っ張るタイプのキャラを演じてみたいそうです。
 

美意識が高い方がいい

「男性が化粧をするのを許せますか?」(Cさん)

大西は「全然いい!」と断言。
他の2人もそれに同意しますが、「じゃあ、どこまでの化粧が許せる?」という話になります。

大西は「それで自分のモチベーションが少しでも上がるならいいと思う!」とハイテンションで発言。
「すっぴんの時のレッスンはテンションが下がる」「その時の自分の顔は(レッスン場の)鏡で見たくない」との言葉に「以下同文!」と大きくうなずく永野と山田。

3人に言わせると、男性でも「美意識が高い方が好感度高い!」とのことでした。
(スタッフK)
 

セットリスト

M1「ジワるDAYS」(AKB48 55th.singles)
M2「バラの儀式」(AKB48 チームサプライズ「バラの儀式」公演曲)
M3「言い訳Maybe」(AKB48 13th.singles)
 
この記事をradikoで聴く

2019年04月01日20時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×