AKB48 永野芹佳、Team 8で撮りたい映画は『ゾンビ合戦』

AKB48 Team 8 今夜は帰らない / エンタメ

10月8日の『AKB48 Team 8 今夜は帰らない…』は、先週に引き続き西軍の登場。
出演は軍師の兵庫県代表・山田菜々美、大阪府代表・永野芹佳、山口県代表・下尾みうの3人です。

今回のスタートは下尾「アニョハセヨ~!」のひとことから。
下尾は『PRODUCE48』の出演を機に、韓国語に興味を持ち勉強しているそう。
山田は「皆、お肌がキレイになって帰ってきた」と言いますが、それがキムチのおかげではないか?と推測する3人です。

兼任してから仲良くなったメンバー

先週合戦コーナーで初勝利した西軍。そのため、今週と来週の合戦コーナーは「一時休戦」となり、その代わりにフリ―トークを展開します。

最初のトークテーマは「兼任してから仲良くなったメンバーは?」。

山田はチームK、永野はチーム4、下尾はチームA兼任とバラバラです。
下尾は「もえきゅん(後藤萌咲ちゃん)、後輩なら西川怜ちゃん。前田彩佳ちゃんは絡んできてくれる!」と次々名前を挙げます。

永野は「キャプテンの村山彩希さん!」と回答。MCで話す機会が多く、他の会話をすることも自然と増えたそう。また「後輩なら山内瑞葵ちゃん」と続けました。

山田はキャプテンの込山榛香の名を挙げます。「話をするのも緊張するけど、だんだんいけるようになってきた!」と、人見知りぶりを発揮しました。

これからもっと仲良くなりたい兼任メンバーを聞かれると、永野は「岡田奈々さんとはもっとお話できるようになりたい!オーラがすごくて、緊張しちゃう」とのこと。

下尾の回答は「偉大な先輩が多くて、誰とでも勇気を出して話したい」。

山田は「峯岸みなみさんと少しずつ話をしている」ことを明かしました。しかし、人見知りの山田は1日経つと距離感がリセットされてしまい、仲良くなってもやや他人行儀に戻ってしまい、それを「やめて~」と言われたことを反省しているそう。

チーム8の主演映画構想

次のトークテーマは「チーム8で映画を撮るならどんな内容にしたい?」。

下尾が「学園モノをやってみたい、あだ名とかを1人ずつつけて」と話すと、永野は「ホラーはやってみたい」と爆弾発言。

続けて永野は「チーム8の半分はゾンビで…東と西で、ゾンビ同士戦う。(タイトルは)『ゾンビ合戦』」と、とんでもない計画を披露。ドン引き気味の山田と下尾は思わず「カオス…」とつぶやきました。

山田はチーム8のドキュメンタリー映画を製作してほしいそう。YouTubeでも毎年30分のドキュメンタリーが公開されていますが、もっともっと見てほしい瞬間がある!とアピールしました。
おたよりコーナーからひとつ紹介します。

「サインはどのように考えて作ったのか教えて下さい」(Aさん)

永野は「小学校の授業中に考えたやつ。初期のものは小学校2年生の時に(サイン帳交換で使うために)考えたもの」と告白。さらに、そのサインに入っているキャラクターはグッズ化もされている、とのこと。

下尾は「つけ足しタイプ」だそう。友だちが考えてくれたものと、自分が考えたものが合体したサインにしているとのこと。

山田は「ノリで考えたやつ」と回答します。「英語が苦手なので、漢字で考えた」「最初はハートマークを入れていたが、途中からキャラじゃないと思って星のマークに変えた」というエピソードも披露しました。

もしこれを読んでいるアイドル志望の方、あるいはアイドルを目指したことのある方、あなたのサインはどのタイプ?
(スタッフK)

セットリスト

M1 「センチメンタルトレイン」(AKB48 53th.singles)
M2 「ダウンタウンホテル100号室」(AKB48 6th.Album TypeA)
M3 「ファースト・ラビット」(AKB48 4th.Album)
 
この記事をradikoで聴く

2018年10月08日20時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×