息切れ、語彙力の低下…AKB48メンバーが語るアイドルの老化事情

AKB48 Team 8 今夜は帰らない / エンタメ

10月1日の『AKB48 Team 8 今夜は帰らない…』は西軍が登場。
出演は軍師の山田菜々美、ゲストとして来てくれた大阪府代表・永野芹佳と山口県代表・下尾みうの3人が番組でした。

番組は永野の「秋、大好き!」のひとことからスタート。
「秋は落ち着いているから好き」と答える永野ですが、山田に「一番好きな季節は?」と聞かれ「春!」とキッパリ答えます。

対決を制したのは東軍?西軍?

毎週、西軍と東軍が同じ対決テーマに挑戦しながら、獲得したポイントで競い合う合戦コーナー。奪い合っているのは、美味しいスイーツです。
今週の結果で、半年間スイーツを食べられる権利がどちらの軍のものになるのかが決まります。

そして対決テーマは、先週の東軍と同じ「マジカルバナナ」です。
先週の東軍も緊張していましたが、それ以上にドキドキしている様子の東軍。ラジオで伝わらないのが残念ですが、顔の表情もこわばっています。

おっとりした永野、天然の下尾とうまく連想ワードをつながられるのか心配する山田ですが、なんと西軍が東軍のポイントを上回り、勝利を収めました。

西軍は今回が初勝利。
ということで、西軍は次回、初めてのスイーツを堪能することになりました。

ソロ写真集への願望

ここからはおたよりを紹介します。
まず、大西桃香(奈良県代表)・太田奈緒(京都府代表)がソロ写真集を発売するというニュースから、3人にもこんな質問が届きました。

「もし自分が写真集を出すなら、どの場所で、どのようなコンセプトにしたいですか?」(Aさん)

永野は「海外で撮ってみたい。フランスとかオシャレなところで」とノリノリ。自分で考えた写真集のタイトルは『色白の旅』。

下尾は、国名は忘れてしまったそうですが、青一色の街に行ってみたいそう。モロッコのシャウエンでしょうか?下尾が考えたタイトルは『天然ちゃんの旅』。

山田は「地元・兵庫県で撮影もしたいし」と地元愛を見せつつ、考えたタイトルは『色黒の旅』。
キレイにオチをつけましたが、永野と下尾はそのタイトルを先に察知したようです。

かわいい告白は「走って逃げる」

Bさんからは恋愛相談。
「男子がかわいいって思ってくれる告白の言葉を教えてほしい」という相談に、ノリノリになる3人。おすすめのシチュエーションと告白の言葉を考えます。

下尾「学校で放課後の教室に呼び出して、後から2人きりで話すというシチュエーションに憧れる」
永野「一緒に帰りながら告白したい」

それぞれが妄想し、盛り上がります。

永野は「実はずっと好きで…」とストレートに告白し、「受け入れてもらえるかわからないけど、気持ちだけ伝えたかった」と言って走って帰るというプラン。
答えをすぐに聞かないことで、話す機会を増やせるはず!とのことでしたが、実行したらどうなるかは保証しません…
チーム8に加入して4年以上経つ3人にこんな質問が。

「歳をとったと感じることはありますか?」(Cさん)

考え込んでしまう3人。

チーム8に加入した時、まだ12~13歳だったという永野と下尾。
年上の山田は、その事実を再確認してなぜか軽くショックを受けていました。まだまだ若い永野ですが「階段登ったら息切れする」下尾「わかる~!」と、17歳とは思えない会話。「だから極力階段を避けている」という老成ぶりです。

一方、山田は「語彙力が低下してきている、言葉がポンポン出ない」と発言。19歳ですが、山田。

一方、気持ちが若いメンバーは誰?と聞かれた3人は横道侑里(静岡県代表)の名を挙げました。「とにかく元気!」というのがその理由です。
また中野郁海(鳥取県代表)についても「まったく息切れしない」「体力的に若い」と、その若々しさを絶賛していました。

反対に、いつも疲れている感じのメンバーは大西桃香。永野は「普通に歩いているだけで『疲れた、ちょっと眠い』と言い出す」と暴露しました。
本当に歳をとったせいなのか、単に寝不足や運動不足なのか、アイドルの体力事情は人それぞれのようです。
(スタッフK)

セットリスト

M1「センチメンタルトレイン」(AKB48 53th.singles)
M2「ある日、ふいに…」(AKB48 53th.singles c/w)
M3「友達じゃないか?」(AKB48 53th.singles c/w)
この記事をradikoで聴く

2018年10月01日20時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×