AKB48 Team 8 佐藤七海のパラレルワールドにメンバー困惑?

AKB48 Team 8 今夜は帰らない / エンタメ

5月21日の『AKB48 Team 8 今夜は帰らない…』は、東軍が登場。

出演は軍師の新潟県代表・佐藤栞、ゲストの北海道代表の坂口渚沙、岩手県代表の佐藤七海の3人です。

オープニングのひとことは、佐藤七海による「パラレルワールドって、なんですかぁ~?」

軍師の佐藤栞にとっては心配なひとことです。

好きだった先生との再会で萌えゼリフ

毎回、東軍と西軍が同じお題に挑戦し、獲得ポイントで競い合っている合戦コーナー。
今週のお題は、チーム8の東京都代表・小栗有以がセンターとして抜擢されたAKB48のニューシングル「Teacher Teacher」にちなんで、「先生に関連する萌えボイス」対決に挑戦することになりました。

学校の先生以外にも、いろんな職業の"先生"を相手に、妄想しながら萌えボイスを披露していきます。

トップバッターを担当するのは、坂口。
「昔好きだった学校の先生と再会した時、先生が思わずドキドキしてしまうような萌えゼリフ」
というお題に挑戦です。

「先生久しぶりですね。ところで、今って結婚してるんですか?もししてなかったら、今度私とお茶しません?」

照れつつも頑張った坂口ですが、今回はポイント獲得ならず。佐藤栞「表面的すぎる」と、冷静にコメントします。

料理教室の先生に萌えゼリフ

次に挑戦するのは、その佐藤栞。
お題は「料理教室の先生をドキッとさせる、女子力高めの萌えボイス」。

「はじめは、自分のために料理頑張ろうって思ってたけど、教室通ってたら、いつか先生のために、先生のためだけに料理作りたいなって、思いました(照れ)」

後ろで坂口と佐藤七海が「ヒャ~!!!」と大盛り上がり。1ポイント獲得です。

大作家先生に催促の萌えゼリフ

最後は佐藤七海が挑戦。
お題は
「新人編集者のあなた。締切を破ってばかりの先生が、思わず締切を守りたくなってしまうような萌えボイス」

お題を聞いて、頭を抱える佐藤七海。
「結構簡単な気がする」という佐藤栞と「簡単じゃないよ~」とパニックになる佐藤七海です。さて、萌えボイスは?

「先生!そろそろ、締め切り、守ってもらってもいいですか?
あの~、もし、今日中に出してくれたら、今日、先生のおうち行ってもいいですか?」

残念ながらポイント獲得できなかった佐藤七海。
来週の西軍も同じお題に挑戦しますが、どんな結果になるのでしょうか?

佐藤栞はアニメの主人公級?

ここからは、おたよりを紹介。
最初のおたよりに、恋愛相談のメールを選んだのは佐藤七海。

「女の子がくっついてくるけれど、これって恋愛感情があるのでしょうか?」(Aさん)

このお悩みに対して、佐藤栞は慎重に「幼馴染とかだったら…」と回答。しかし、佐藤七海はなぜか強気です。「絶対好き!」「ワンチャンある!」と応援していました。

次のおたよりはこちら。

「一番好きな衣装を教えて下さい」(Bさん)

佐藤七海「ガイシホール(チーム8の4周年記念コンサート)で初めて着た青い衣装」がお気に入りだそう。理由は、それぞれデザインが違うのと、清楚だからとのことでした。

坂口は「『汚れている真実』の衣装」を挙げます。ちなみに、それも青チェックの衣装で佐藤七海とは青被りです。

しかし、その衣装をしばらく見ていないらしく、「どこ行ったんだろうね?(笑)」と遠い目。AKB48は大量の楽曲と衣装がありますので、なかなか着られない衣装もあるんです。

佐藤栞はチーム8の通称“スポーティ衣装”がお気に入り。
白地に、メンバーそれぞれの色を組み合わせたデザインになっていて、こちらも他のメンバーとかぶらないようになっているそう。

ちなみに、佐藤栞の衣装のデザインは「アニメとかゲームのキャラクターの衣装みたい」とのことで、「私、絶対に主人公ですよね!」と、衣装スタッフさんに興奮しながら伝えたこともあったそうです。

ジャックとローズがワッハッハ~

最後のおたよりはこちらです。

「皆さんは、映画を映画館で見ていますか?」(Cさん)

ここで、実は3人とも映画が大好きだという共通点が発覚。

佐藤栞「ファンタジー、SFが好き」「現実にありそうで、なさそうな実写映画が好き」とっ話しながら、「映画館に行きたくて、行きたくて!」とプルプル。

坂口はジブリ好きで、「『猫の恩返し』を何回も見ている」と話します。

佐藤七海は「ずっと言ってるけど『タイタニック』が好きなの」とおすすめ。なんと20回は見ているそう!

おすすめのシーンについて佐藤栞が「コレ(船首でローズが腕を広げ、ジャックが後ろから抱きかかえる有名なポーズ)じゃないの?」と尋ねますが、佐藤七海は「ジャックとローズが、ワッハッハ~って、一緒に逃げるんだけど、夢の世界なの」と、独特の説明をしていました。
見たことがある人には、きっと「あのシーンかな?」とわかるはずですが…

30分間、すっかり佐藤七海のパラレルワールドに連れ込まれていた、佐藤栞と坂口でした。
(スタッフK)

セットリスト

M1 「ペダルと車輪と来た道と/STU48」(AKB48 51th.singles c/w)
M2 「君しか」(ノースリーブス 5th.singles)
M3 「やりたがり屋さん」(SDN48 4th.singles c/w)
この記事をradikoで聴く

2018年05月21日20時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×