AKB48 Team 8 行天優莉奈、自分を「お姉ちゃん」と呼ぶ。

AKB48 Team 8 今夜は帰らない / エンタメ

2月26日の『AKB48 Team 8 今夜は帰らない…』は、西軍が登場。
軍師の兵庫県代表・山田菜々美、ゲストの香川県代表・行天優莉奈、沖縄県代表の宮里莉羅の3人が出演です。

今週のオープニングの一言は、宮里「東京、寒すぎる~!」。
沖縄県からやってきた宮里、東京の寒さにはなかなか慣れないそうです。
さらに、生まれて初めて雪を見たのが3年前だという、沖縄県民ならではのエピソードも。
とはいえ、香川県生まれの行天、兵庫県生まれの山田も、雪が降っている光景はあまり見たことがないそうです。

山田菜々美、人見古都音を語る

今週は合戦企画からスタートです。
東軍と西軍が毎週同じ企画に挑戦、対決しているこのコーナーですが、今回は対決テーマが変わり、「プレゼン対決」で勝負します。

ボックスの中から引いた紙に書かれているメンバーについて、30秒でプレゼンする対決。今回は西軍の挑戦なので、西日本のメンバー限定で挑戦することになります。

最初の挑戦者は軍師の山田。
普段からメンバー思いの性格を見せてくれていますが、今回のプレゼンでは誰を引き当てるのでしょう。本人も「けっこう喋ることができると思う」と自信満々。

そんな山田が引き当てたのは、岡山県代表の人見古都音。

まずは、「見た目は美形なのに、意外と楽屋では元気で、JK!って感じ」とギャップを押し出す山田。さらに、ダンスやSNSも頑張っていると続けようとしたところで、制限時間の30秒が終了。話し足りない山田は身をよじって悔しがります。
その熱烈な愛情が伝わり、1ポイントを獲得します。

宮里「谷口もかの魅力は汗!」

次は宮里が挑戦。引き当てたのは、宮崎県代表の谷口もかです。
同じエリアで仲良しという谷口について、愛のこもったプレゼンが始まります。

谷口もかの魅力に対して、「汗」と断言する宮里。劇場でも、ツアーでも、もちろんレッスンでもたくさん汗をかき、キラキラしている!そこが魅力だ!!と猛アピール。

そして、「歌もダンスもうまくて、表現力もある」「いろんな顔を見せてくれる」と、思わず谷口のパフォーマンスを見たくなるような、素敵なプレゼンをしてくれた宮里。
もちろん、1ポイント獲得です。

行天優莉奈、下尾みうを語る

この結果に、プレッシャーを感じだす行天。
そんな行天は、同じエリアの山口県代表の下尾みうを引き当てます。

行天がアピールしたのは、下尾のダンス力。「色気もあるんですよ」とニヤつきつつ、大人っぽくて、魅せるダンスがとっても素敵とプレゼン。

残念ながらポイント獲得に失敗します、行天が下尾のことを好きだという気持ちは伝わりました。

メンバーにつけた変なあだ名

ここからはおたよりコーナーです。
まずは、メンバー同士のあだ名についての質問おたよりです。

「岡部麟ちゃんや舞木香純ちゃんがメンバーに”変なあだ名”をつけて呼んでいるそうですが、皆さんも自分だけが呼んでいる変なあだ名を教えて下さい」

そもそも、岡部と舞木がそんなことをしていたのが初耳だという山田。
ですが、実は山田自身も、変なニックネームをつけがちなメンバーだそう。

例えば滋賀県代表の濱咲友菜を「はまちん」、東京都代表の小栗有以を「おぐさん」と呼ぶそうですが、宮里も「最近、『おぐさん』をよく聞く」と証言。ただし、そう呼んでいるのは山田だけのよう。

宮里は、群馬県代表の清水麻璃亜のことを「ぐんまーさん」と呼んでいると話します。
また、行天はあまり心当たりがないようですが、他のメンバーのことを下の名前で呼ぶ方が多いようです。ただし、愛媛県代表の高岡薫(ニックネームは「かおるんば」)のことは、「るんちゃん」と呼んでいるそう。

行天は自分を「お姉ちゃん」と呼ぶ

ここで山田が「行天は、自分のことを変なニックネームで呼んでいる」ことを思い出します。
なんでも、行天は自分のことを「お姉ちゃん」と呼んでいるのだとか。

ここで行天、学校やファンの方の前でも「お姉ちゃんさあ」を話し始めてしまったことがある、と告白。長女キャラのせいでお姉ちゃん呼びがクセになっているそうですが、行天よりも年上のメンバーからは「誰がお姉ちゃんだ!」とツッコミがあるのだとか。

成長って恐ろしい!

次のおたよりでは、3人の妄想が炸裂!
「チーム8の劇場公演をプロデュースするとしたら、必ず入れたい曲と、センターにしたいメンバーは?」

山田は必ず入れたい曲に「永遠プレッシャー」、センターには谷川聖を指名します。
宮里は「身長の小さいメンバーを集めた公演をやりたい」「坂口渚沙(北海道代表)と下青木香鈴(鹿児島県代表)をWセンターにして…」と具体的なトークを始めます。そのWセンターで「LOVE修行」を見たい!とリクエスト。

チーム8には小さいメンバーも多いようですが、成長期で身長がグングン伸びているメンバーも多いよう。加入時には最年少メンバーだった宮里も、身長が163センチに伸びてしまったそうです。ここで行天は「抜かれた…」とポツリ。
身長が小さめなことを気にしている様子の山田と行天は「成長って恐ろしいな~」と言い合います。

そんな行天が入れたい曲は『初日』。谷口もかや坂口渚沙など、一生懸命なパフォーマンスが持ち味なメンバーをセンターにしたいと語りました。

やってみたいステージ演出

最後のおたよりはこちらです。
「コンサートでやってみたい演出はある?」

山田は紙吹雪を使ったキャノン砲や、炎を使った派手な演出をやってみたいと目を輝かせます。

行天は「ステージがへこんどって、下から人間が、バーンって出てくるやつ」がやりたいそう。この説明だけでもかわいいですね。

宮里は客席に変装して隠れておき、開演と共に登場するというドッキリ演出にチャレンジしてみたいと、楽しそうに話してくれました。

チーム8メンバーが考えるプロデュース公演や演出、どれも個性的で気になります。
特に、宮里の発想は15歳とは思えないもの。宮里曰く『小さいものクラブ』、いつか実現して欲しいですね。
(スタッフK)

セットリスト
M1 「Mystery Line」(AKB48 9th Album TypeA)
M2 「君は気まぐれ」(AKB48 36th.singles c/w)
M3 「野蛮な求愛」(AKB48 50th.singles c/w)
この記事をradikoで聴く

2018年02月26日20時00分~抜粋

この記事をシェアする

あなたにオススメ

アーカイブ

同じカテゴリー

×